大河ドラマネタバレ考案速報

大河ドラマのネタバレ感想サイト!

*

おんな城主直虎 11話のあらすじ・ネタバレ


《注目記事》U-NEXTで真田丸が無料で見逃し配信中!

   

スポンサーリンク

親友の命乞いに行った次郎。その縁が、不思議な形で井伊家に襲いかかります。不吉な形で。次郎から直虎へ。時代が、次郎を表舞台に押し上げようとしています。「おんな城主直虎」第11話「さらば愛しき人よ」。直親の身に危険が迫ります。

onna11

瀬名親子は危うく助かる

瀬名が自害するために、龍泉寺に連れて行かれようとした時、松平元康の家臣が現れました。登場したのは、ネタバレすると、石川数正。

「真田丸」にも登場した武将です。鵜殿長照の子供を捕虜とした松平元康は、妻子と交換しようとしたのです。今川は、その話を受け入れ、瀬名親子は、岡崎に送られることになります。

数日後、次郎を、見知らぬ山伏が訪ねてきます。松平元康からの礼の品と直親への書状をことづけて行きました。書状には、直親を鷹狩りに招きたいと記してありました。直親は、政次に相談し、招きに応じることにします。

→おんな城主直虎のロケ地や井伊直虎ゆかりの地はどこ?

今川の罠だった!助けは来ない

直親が鷹狩りから戻って間もなく、別の山伏が現れ、松平元康からの礼の品を差し出しました。先日の書状が、今川の罠だったことを、一同は知ります。様子見を続けていた井伊を、今川が試したのです。直親は、松平家に助けを求めます。

その頃、政次は、寿桂尼に直親の書状を見せられていました。謀られたことを知った政次の脳裏に、亡父の言葉が蘇ります。

「お前は必ず、わしと同じ道をたどる」松平元康が合力を断ったことは、ネタバレするまでもないでしょう。次郎は、瀬名に井伊谷に来て、人質となってくれるように頼みます。

しかし、瀬名は、「こたびこそ、捨て置かれるだけにございます」と、断ります。「おんな城主直虎」で瀬名を演じる菜々緒は、「次郎法師にとって今作の瀬名は、生涯唯一の女友達だと思います。きっとお互いを思いやり、遠くからでも支えたいと思う気持ちはとても深かったんじゃないかと想像しています。」と述べています。

そんな瀬名が、次郎の頼みを断らざるを得ない。菜々緒の表情に、注目です。

スポンサーリンク

→おんな城主!徳川家康の正室・築山殿は嫉妬深い女?呪いや悪女の真相は?

直親は死を覚悟して次郎に会いに来る

覚悟を決めた直親は、今川の下知に従い、駿府に行くことにします。誰もが、18年前、直満が誅殺された事件を思っていました。直親は、虎松を抱き、しのに虎松が生まれてから寺の井戸に水が湧いたことを話します。

「お前が産んだのは、『ただならぬ子』だと思うのだ。虎松を、頼むぞ」しのが、その場に泣き崩れたことは、ネタバレするまでもないでしょう。しかし、この後、しのは、強い母になって行きます。

直親は、その後、龍潭寺を訪ねます。ちょうど、次郎が、瀬名の元から帰ったところでした。「私が男子に生まれておればよかったのじゃ。」と言う次郎に、直親は、微笑を消さずに言います。「もし、おとわがおなごでなければ、俺のたった一つの美しい思い出がなくなってしまう。」

直親は、次郎に経を聞かせて欲しいと言い、次郎は死者を悼むものだからと断ります。見つめ合う直親と次郎。

直親は、次郎を強く抱きしめ、「では、戻ったら、一緒になってくれ」と言います。「心得た」と返す次郎。自分の元から走り去る直親を、次郎は、涙ながらに見送りました。「おんな城主直虎」の名場面の一つです。

→おんな城主直虎 9話のあらすじ・ネタバレ

 - ネタバレ・予想考案


スポンサーリンク



《注目記事》U-NEXTで真田丸全話見逃し配信!無料で動画を視聴するのはコチラ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事