大河ドラマネタバレ考案速報

大河ドラマのネタバレ感想サイト!

*

おんな城主直虎 7話のあらすじ・ネタバレ


《注目記事》U-NEXTで真田丸が無料で見逃し配信中!

   

スポンサーリンク

井伊家が危機に瀕した時の駒となることを選んだ次郎。おとわと一緒になる夢を断念した直親。そして、家老として、直親と接することになった政次。幼馴染みは、別々の形で、井伊家を守ろうとします。そのあり様が描かれるのが、「おんな城主直虎」第7話「検地がやってきた」です。

onna7

直親は川名の隠し里を今川の役人の目から隠すことにする

今川が、検地をやり直すことにしました。井伊領には、万一の時に民が逃げ込む隠し里がありました。直平の案内で川名の隠し里を訪れた直親は、見事に整えられた棚田を見て、今川の役人から、隠し通すことを決めます。当主・直盛の許しを得た直親は、あちこちに手を回します。

川名の隠し里に通じる道に、直平と細工を施します。次郎には、今川の居館にいる友人に問い合わせて、検地に来る役人たちの情報を得るよう頼みます。最も気を使ったのが、政次への対応です。

直親は、一旦、政次に、隠し里を「ない」ことにしたいと告げます。しかし、隠し里の詳細を記した文書を渡し、「鶴が加担したくないと思うなら、この冊子をつけて出してくれ。一肌脱いでくれるというなら、そのまま破り捨ててくれ。」と言います。政次がどうしたかは、ネタバレするまでもないでしょうが、一瞬、どきりとするシーンです。

スポンサーリンク

→おんな城主直虎の子役!亀之丞役の藤本哉汰のプロフィールや出演作は?

政次は今川の役人を言いくるめる

細工を施したにもかかわらず、隠し里への入り口は、検地役人の目にとまってしまいます。この里は、井伊のものではないと、声を張った直親。誰のものかと問われ、直親が、とっさに政次に答えを促したことは、ネタバレするまでもないでしょう。

政次は、一瞬狼狽し、直親の必死の眼差しに、南朝の皇子が隠れ住んだ土地だと答えます。今川の役人は、政次の答えに、「…心得申した」とつぶやき、事は落着します。

井伊谷に戻ると、政次は、直親に「信じているふりをされるのは気分がよいものではありませぬ」と言います。屈折していく政次。「おんな城主直虎」で政次を演じている高橋一生は、このシーンについて、「政次は、裏切り者の子として、井伊家で嫌われている。その立場で何かを守ろうとするなら、味方すら欺かなきゃいけない。孤独になることに彼は生きる道を見いだしたんだと思う。」と述べています。

→おんな城主直虎の子役!鶴丸役の小林颯のプロフィールや出演作は?

次郎は検地役人の亡妻のために誦経する

次郎は、直親に頼まれ、瀬名に手紙を書きました。返事は遅れ、次郎が文を受け取ったのは、隠し里のある、川名の検地の当日でした。瀬名からの文を読んだ次郎は、寺を飛び出します。文に何と認められていたかは、ネタバレするまでもなく、後刻明らかになります。

次郎が隠し里に着いたのは、政次の返答に、検地役人の岩松が合点した直後でした。政次も直親も、次郎の出現に驚きます。次郎は、岩松がこよなく愛するのが、亡くした妻だと知らされ、供養のために経をあげようとやってきたのです。

「おんな城主直虎」で直虎役の柴咲コウは、ト書きに「鼻歌のように経を唱える」とあったことを明かし、歌うように経を唱えたと語っています。柴咲コウの誦経にも、注目です。

→おんな城主直虎 6話のあらすじ・ネタバレ

 - ネタバレ・予想考案


スポンサーリンク



《注目記事》U-NEXTで真田丸全話見逃し配信!無料で動画を視聴するのはコチラ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事