大河ドラマネタバレ考案速報

大河ドラマのネタバレ感想サイト!

*

おんな城主直虎 5話のあらすじ・ネタバレ


《注目記事》U-NEXTで真田丸が無料で見逃し配信中!

   

スポンサーリンク

第1話の冒頭で、急流から浮かび上がるおとわが、馬にまたがった直虎に切り替わるシーンがありました。鮮やかな転換でしたが、その途中には、修行僧としての「次郎」時代があります。次郎として彼女は、どのように井伊家の人たちと関わったのか?成人した次郎を描く、「おんな城主直虎」の第5話。あの人が帰ってきます。

onna5

小野家では政次が家督を継ぐ

第4話から9年の歳月が流れました。井伊家では、再び次の家督をめぐって、動きが生じていました。井伊家の筆頭家老・小野家の嫡男に、井伊家の親戚衆筆頭である奥山家の娘を娶せ、その子供を次の当主にしようという話でした。今川の勢力が増すばかりの現状を憂え、直盛が苦渋の決断をしたのです。

その話がまとまる前に、小野政直は病に倒れます。病の床にある老人に向ける、直平の強い嫌悪感に、次郎は奇異の念を抱き、政直を訪ねます。諍いの原因を、単刀直入に尋ねる次郎。政直の言葉に、何がなし、ホッとして次郎は帰ります。しかし、それは、ネタバレすると、政直の芝居でした。

呆れる政次に、政直は、「お前はわしを卑しいと思うておるじゃろ。己はこうはならぬと、ずっとわしを蔑んでおる。じゃがな、言うておく。お前は必ずわしと同じ道を辿るぞ」と言います。それが、政直の遺言となりました。政次は、小野家の家督を継ぎます。

→おんな城主直虎!高橋一生演じる小野政次とはどんな人物なのか?

亀之丞の帰還を聞いて次郎は心乱れる

武田・北条・今川の三家は、三国同盟を締結しました。それぞれ、領土拡大を図るためでした。この同盟締結が、亀之丞を呼び戻す口実になりました。武田信玄が南信濃を攻めたためです。戦火を逃れるために、隠れていた信濃を離れるという筋書きを、井伊家の人々は描きました。

亀之丞の帰還を、直平に知らされた次郎は、衝撃を受けます。「ある日、突然、幼馴染みが姿を消してしまった。知っていることは、それだけ」と、母に言い含められた、あの日のおとわ。信濃で生きていたと知らされただけで、次郎が激しく動揺したのは、ネタバレするまでもないことです。

亀は、どんな男に成長したのか?どんな顔をしているのか?背はどのくらい伸びたか?雑念を払おうと、経を読んでも、座禅をしても、ついつい考えてしまうのは、亀之丞のことばかり。次郎は、滝に打たれます。「おんな城主直虎」の予告編で、しばしば紹介されたシーンは、ネタバレすると、この時の情景です。

スポンサーリンク

→おんな城主直虎の子役!亀之丞役の藤本哉汰のプロフィールや出演作は?

独身で帰ってきたドラマの亀之丞

山ごもりから帰った次郎を、寺で迎えたのは、亀之丞その人でした。凛々しい男に成長して帰ってきた亀之丞。直接、その姿を目にして、次郎は、いよいよ動揺します。

そんな次郎に、亀之丞は、おとわが出家したこと、亀之丞の竜宮小僧になるとおとわが言っていたことを、和尚からの便りで知らされていたと言います。「俺はの、それを聞いて、這いつくばっても井伊に戻ろうと思った」そして、亀之丞は、次郎に告げます。

「俺は、おとわと一緒になるつもりじゃ」伝えられている直虎の話では、亀之丞は、出奔中に妻を娶り、帰還した時には、すでに正室がいる身だったとされています。「おんな城主直虎」では、亀之丞は、独り身のまま帰還します。このままでは終わりそうにない2人。次郎の決心が、次回、描かれます。

→おんな城主直虎 4話のあらすじ・ネタバレ

 - ネタバレ・予想考案


スポンサーリンク



《注目記事》U-NEXTで真田丸全話見逃し配信!無料で動画を視聴するのはコチラ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事