大河ドラマネタバレ考案速報

大河ドラマのネタバレ感想サイト!

*

おんな城主直虎 4話のあらすじ・ネタバレ


《注目記事》U-NEXTで真田丸が無料で見逃し配信中!

   

スポンサーリンク

出家することになったとわ。生活環境がガラリと変わったことで、とわは弱気になります。そんなとわを励ましたのが、幼馴染みの鶴丸でした。

鶴丸が小野政次と名乗るようになり、とわが井伊直虎と名乗るようになった時、思い出すに違いない日が、描かれます。「おんな城主直虎」4話「女子(おなご)にこそあれ次郎法師」。子役たちが演じる最後の回です。

onna4

得度式でとわに次郎法師という名が与えられる

とわの出家は、本領安堵の条件でした。しかし、とわは、帰宅した後、出家に消極的になっていました。出家したら亀と一緒になれないというのが、嫌がる理由。父は、驚き呆れます。

とわが出家を承知したのは、ネタバレするまでもなく、母の機転によります。母は、「己の身を挺して井伊を救うなぞ、誰にでもできることではありませぬ」と褒めます。滅多に褒めない母から褒められ、とわは、得度式を迎えることになります。

僧衣をまとったとわに、南渓は「次郎法師」という名を与えます。「次郎」とは、井伊の家督を継ぐ者の幼名でした。男の名は嫌かと問われて、とわは答えます。「いえ、そもそも、われが本物の次郎であったら…、亀もあのような目に遭わずとも済んだのではないかと」

スポンサーリンク

→安政の大獄をわかりやすく説明!井伊直弼との関係

ただならぬ子ゆえ南渓は寺に引き取る

南渓は、今川の館でとわに「ただならぬ子」という感じを抱いていました。今川の下知をひっくり返したとわ。「少なくとも蝶よ花よと育てるものではないのではないか」そう考えて、寺に引き取ることにしたのです。

ネタバレするまでもなく、問われて語った胸中。とわは、大人たちが、一目置く存在になっていました。

それだけに、僧衣をまとってからの苦難の日々は、印象的に描かれます。「おんな城主直虎」の1話で、鶴丸に「お前は姫じゃから、周りの者は逆らえぬ!そういうことを少しは考えろと言うておるのじゃ!」と言われたとわ。その日々との対照が鮮明です。

農作業に明け暮れ、食事も満足に得られぬため、次郎法師は足がふらついていました。そんな次郎法師に、南渓は、托鉢という方法があることを教えます。次郎法師は、托鉢の心得も聞かず、鉢を握りしめて、駆け出します。

→井伊直虎は男だった?都市伝説が本当だと言われる理由とは?

泣く次郎法師を鶴丸が励ます

次郎法師の托鉢は、無残な結果に終わりました。ネタバレするまでもないことでしょう。心得も聞かずに飛び出したのですから。畑で盗み食いしているところを、鶴丸に見つかり、少女は、恥ずかしさと惨めさに泣きだします。

亀の竜宮小僧になると誓ったことを打ち明けるとわ。「妻とならずとも、僧として竜宮小僧をすればどうじゃ」と諭す鶴丸。竜宮小僧とは、井伊領一帯で伝わる伝説上の存在です。「おんな城主直虎」では1話から語りの中で登場し、とわの支えとなっています。鶴丸の言葉に希望を見出したとわは、次郎法師として、再び修行の日々に戻ります。

小野政次を演じる高橋一生は、座談会で、「時を経て、3人が再び揃った時、『なぜこんなにもすれ違ってしまったのか』と、見る人に切なく映るといいなぁ」と語っていますが、小林颯くんの演技は、まさしく、切なく心に刻まれます。

→おんな城主直虎 3話のあらすじ・ネタバレ

 - ネタバレ・予想考案


スポンサーリンク



《注目記事》U-NEXTで真田丸全話見逃し配信!無料で動画を視聴するのはコチラ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事