大河ドラマネタバレ考案速報

大河ドラマのネタバレ感想サイト!

*

おんな城主直虎 1話のあらすじ・ネタバレ


《注目記事》U-NEXTで真田丸が無料で見逃し配信中!

   

スポンサーリンク

2017年大河ドラマ「おんな城主直虎」も、戦国物。描くのは、「真田丸」よりも一世代前です。主人公は、女性。しかし、彼女の名前は、男性の名前で歴史に刻まれます。なぜなら、男系が途絶えようとしていたから。彼女の頑張りで、その家は、江戸時代、幕府を支えることになります。彼女が生を受けたのは、井伊家。1話「井伊谷(いいのや)の少女」は、彼女の人柄と彼女が置かれた境遇を描きます。

onna1

利発で活発なとわと2人の幼馴染み

「おんな城主直虎」では、幼い直虎は、「とわ」という名前で登場します。とわは、父・井伊直盛に溺愛されました。ひとり娘だったからです。そして、男の子のように育てられました。男児が生まれなかったためです。

手習いの後、とわが一緒に遊ぶのは、二人の男の子。後の直親と政次です。とわが「亀」と呼ぶのは、井伊家の重臣・井伊直満の息子。とわが「鶴」と呼ぶのは、井伊家の筆頭家老・小野政直の息子。重臣の息子と筆頭家老の息子を従え、野を駆け巡る活発な少女・とわ。

かくれんぼで鬼に見つかると、後先考えず、激しい流れに飛び込む奔放な少女。直虎の子供時代を演じるのは、新井美羽ちゃん。その生き生きとした演技を、柴咲コウは「引き継いでいきたい」とコメントしています。

スポンサーリンク

→安政の大獄をわかりやすく説明!井伊直弼との関係

幼いとわの縁談が決まる

とわに縁談が持ち上がります。当主・井伊直盛には男児がいなかったためです。「武家の婚姻とは調略の場」という小野政直の言葉が、当時の縁談を物語ります。小野政直が主張するのは、とわに今川家から養子を迎えるというもの。しかし、その主張は、井伊直満ら、井伊家の重臣たちによって退けられます。

「今川の機嫌とりはもう十分であろうと言うておるのじゃ!」と言い放つ井伊直盛。不気味に黙り込む小野政直。その沈黙の意味は、ネタバレするまでもなく、1話の中で明かされます。

一同が決めたのは、井伊直盛の嫡男を養子として迎えるというもの。自分が父の跡を継ぐつもりでいたとわは、一瞬、言葉をのみます。しかし、母に「誰かと夫婦になることは変わりありませぬ。跡継ぎをもうけなければならぬのですからね」と説かれ、承諾します。その時、とわが父に向かって言った言葉は、ネタバレするのが惜しいものです。「おんな城主直虎」の主人公である彼女の、人柄と人生を象徴する言葉です。

→井伊直虎は男だった?都市伝説が本当だと言われる理由とは?

許嫁が連れ去られる

井伊家が重臣の嫡男を養子に迎えるとの報告を受けた今川家は、井伊直盛が直接出向いて挨拶するよう、命じます。井伊直盛は、今川に謀反を企てたとして、討たれます。井伊家に返された丸桶。ネタバレするまでもなく、事を謀ったのは、小野政直でした。息子の死にいきり立つ井伊直平に、「じじ様、今は時がございませぬ」と言う井伊直盛。直盛を演じる杉本哲太の苦渋の表情に注目です。

井伊家には、井伊直満の嫡男の首を差し出すようにとの命令が、下っていたのです。大人たちは、幼い子供を逃すことにします。そして、わざととわが一緒にいる時、とわを襲います。今川からの下知に背き、わざと逃したことが知られれば、井伊は今川に攻め込まれるからです。

母からそうした説明を受け、とわも事態を理解します。そして、許嫁の無事を祈ります。「おんな城主直虎」のヒロインが生きたのは、戦国時代だった。そのことが印象づけられる1話です。

→おんな城主直虎!今川氏真の正室・早川殿とはどんな人物?

 - ネタバレ・予想考案


スポンサーリンク



《注目記事》U-NEXTで真田丸全話見逃し配信!無料で動画を視聴するのはコチラ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事