大河ドラマネタバレ考案速報

大河ドラマのネタバレ感想サイト!

*

安政の大獄をわかりやすく説明!井伊直弼との関係


《注目記事》U-NEXTで真田丸が無料で見逃し配信中!

   

スポンサーリンク

「おんな城主 直虎」は、井伊家を後世につなげた人物の物語です。井伊家が、断絶の危機に陥った時、窮地を救ったのが、井伊直虎。江戸時代、井伊家は、幕府の中枢を担います。中でも有名なのが、井伊直弼。井伊の赤鬼と呼ばれた人物の一人です。井伊直弼が深く関わった歴史上の出来事が、安政の大獄です。

anseinotaigoku

発端は黒船来航!貿易を強硬に求めるハリスに幕府は調印をしてしまう

安政の大獄の発端は、分かりやすく説明すると、黒船来航です。鎖国を続けていた日本に、アメリカからペリーがやってきました。日本は、開国します。港を開いた日本に、アメリカが次に要求したのが、貿易でした。貿易を迫ったのは、外交官のハリス。

幕府は、アメリカとの貿易の許可を、時の天皇、孝明天皇に求めました。分かりやすく説明すると、幕府は天皇から政治を任されているという立場だったためです。国の方針を決める、重要な事柄については、天皇からの許可が必要でした。

孝明天皇は、貿易の許可を与えようとしませんでした。外国を嫌っていたと言われています。ハリスとの交渉に直接当たっていた者からは、すぐに返事を求められ、幕府は、ついに、天皇の許可を得ないまま、アメリカと条約を結んでしまいます。

最終的に条約調印を決めたのが、井伊直弼だとされています。ただし、実際には、井伊直弼は、最後まで朝廷の意向が示されるのを待つべきと主張し、事を急いだのは、老中の松平忠固だったと言われています。

スポンサーリンク

→井伊直虎は男だった?都市伝説が本当だと言われる理由とは?

尊王攘夷の動きを封じようとしたのが安政の大獄

天皇の許可を得ないまま結んだ条約は、治外法権や関税自主権を持たないものです。分かりやすく言うと、著しく日本に不利な内容でした。内容の不平等さも相まって、幕府を糾弾する声が上がりました。

真っ先に行動したのが、将軍の跡継ぎ問題で、かねてから井伊直弼たちと対立していた一橋派でした。一橋派は、条約調印の5日後に江戸城に登城。井伊直弼は、不法な登城として処罰します。次いで、孝明天皇が、井伊直弼に無許可調印につき、説明するため、上京するように命じました。しかし、井伊直弼は、無視しました。

天皇を敬うべしとする尊皇思想と、外国人を日本から追い出そうとする攘夷の思想が、一つのうねりになって、幕府を批判するようになります。尊王攘夷の運動が、幕府への糾弾となった時、その動きを封じ込めようとしたのが、安政の大獄です。

安政の大獄は、幕末最大の弾圧行動です。1858年から1859年にかけて、処罰された人たちは、100名以上。大名、公卿たちは、政治の表舞台から遠ざけられ、尊王攘夷の活動家たちは死罪に処せられました。その命令を下したのが、井伊直弼でした。井伊直弼は、安政の大獄以後、「井伊の赤鬼」と称されるようになります。そして、1860年に桜田門外の変で、暗殺されます。

→おんな城主直虎!今川氏真の正室・早川殿とはどんな人物?

 - おんな城主直虎


スポンサーリンク



《注目記事》U-NEXTで真田丸全話見逃し配信!無料で動画を視聴するのはコチラ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事