大河ドラマネタバレ考案速報

大河ドラマのネタバレ感想サイト!

*

おんな城主直虎!佐野史郎演じる太原雪斎と徳川家康の関係!


《注目記事》U-NEXTで真田丸が無料で見逃し配信中!

      2017/01/03

スポンサーリンク

2017年の大河ドラマ「おんな城主 直虎」。徳川家康の若い頃が見られるというのを、楽しみの一つにしている人も、少なくないかもしれません。

「おんな城主 直虎」では、阿部サダヲが演じる徳川家康。徳川家康が、まだ竹千代と名乗っていた頃の重要な出来事に、深く関わるのが、太原雪斎です。

「おんな城主 直虎」では、佐野史郎が演じることが、発表されています。太原雪斎と徳川家康とは、どのような関係だったのでしょうか?

sanosirou

織田家に奪われた竹千代を取り戻したのが太原雪斎

太原雪斎は、今川義元に仕えた武将であり、臨済宗の僧侶です。太原雪斎が、徳川家康と歴史上の接点を持ったのは、1549年のこと。今川氏の人質である竹千代が、織田家に奪われるという事件が起きました。

この時、太原雪斎は、三河安祥城を攻め、織田信広を捕縛しています。織田信広は、織田信秀の庶長子であり、織田家にとっては、重要な人物でした。太原雪斎は、織田信広と竹千代の人質交換を持ちかけ、交渉を成功させています。人質交換は、笠寺で行われました。

スポンサーリンク

→おんな城主直虎!苅谷俊介のプロフ!新野左馬助とはどんな人物?

人質時代の家康に学問を教えたのは太原雪斎?

今川氏に取り戻された竹千代は、善徳寺に入ります。そこで、竹千代は、英才教育を受けることになります。その時、竹千代は6歳。今川氏には、竹千代の5歳年上の氏真がいました。

今川義元は、嫡男の氏真だけでなく、人質としていた竹千代の教育にも、力を注いだと言われています。氏真の忠実な家臣として、竹千代を育てたかったのだろうと考えられています。

その教育係となったのが、太原雪斎だったという説が、有力です。林述斎らの撰による『朝野旧聞褒藁』という史書には、太原雪斎が徳川家康の師であったと記されています。

→今川氏真と徳川家康の奇妙な関係性!今川氏真の人生とは?

徳川家康は太原雪斎なくして今川は立ち行かぬと評した

太原雪斎は、今川義元を補佐して、内政、外交、軍事全般に活躍しました。今川家の全盛期を築いたのが、太原雪斎です。その日々は多忙を極め、家康が今川氏の人質となっていた時期、太原雪斎は駿府を不在にしていたとする説も、根強くあります。

ただし、家康が、太原雪斎の影響力を十分に認識していたことは、確かです。家康は、後に、太原雪斎が居なかったら、今川は立ち行かぬと発言しています。

→井伊直虎と井伊直弼の関係!井伊直弼とはどんな人物なのか?

 - 登場人物


スポンサーリンク



《注目記事》U-NEXTで真田丸全話見逃し配信!無料で動画を視聴するのはコチラ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事