大河ドラマネタバレ考案速報

大河ドラマのネタバレ感想サイト!

*

おんな城主直虎の原作は?脚本家「森下佳子」の作品は?


《注目記事》U-NEXTで真田丸が無料で見逃し配信中!

   

スポンサーリンク

2017年NHK大河ドラマは、「おんな城主直虎」。時代は、戦国時代。「真田丸」よりも、ほんの少し、遡った頃が、舞台です。原作は、あるのでしょうか?脚本家、森下佳子には、どのような作品があるのでしょうか?

shibasakikou

「おんな城主直虎」にいわゆる原作は、ない

「おんな城主直虎」には、いわゆる原作は、ありません。近年の大河ドラマは、原作がない、オリジナル脚本の作品が、続いています。その傾向は、2012年の「平清盛」から続きます。

平清盛のように、有名な人物だと、描かれた作品は、たくさんあります。しかし、2017年の大河ドラマで取り上げられる、井伊直虎は、よほどの歴史好きでないと、なかなか知られていません。

→おんな城主直虎のロケ地や井伊直虎ゆかりの地はどこ?

直虎が描かれた小説は?

では、まったく「予習」ができないかというと、人物像を知る方法は、あります。『おんなの城』という短編集に、井伊直虎が描かれた作品があります。作者は、安倍龍太郎。井伊直虎を扱った作品は、「湖の城」です。

今川、武田と、強敵に囲まれた井伊家。相次いで、当主を失い、存亡の危機にさらされます。その時、当主に推されたのが、奈美でした。奈美は、桶狭間の戦いで戦死した、井伊直盛の長女で、訳あって、出家し、次郎法師と名乗っていました。

地頭に立てられた奈美は、還俗して、直虎と男の名前を名乗ります。徳政令を迫る今川家をかわし、謀反を企てる家老の小野但馬守から、井伊谷城を奪い返します。そして、迎えた、戦いの時。直虎は、緋縅の鎧に身を包み、武田軍を迎え撃ちます。

スポンサーリンク

→おんな城主!徳川家康の正室・築山殿は嫉妬深い女?呪いや悪女の真相は?

ヒット作を連発する、森下佳子

「おんな城主直虎」の脚本を手掛けるのは、森下佳子。NHKの連続テレビ小説「ごちそうさん」では、視聴率22.4%を記録しました。

デビュー作は、「平成夫婦茶碗」。なんと、プロットライターを始めて、半年ほどでのデビューです。視聴率が高かったドラマだけでも、「世界の中心で、愛をさけぶ」「白夜行」「JINー仁ー」「天皇の料理番」などが、あげられます。

ネット投票によると、一番人気は、「JINー仁ー」。同名の漫画が、原作です。脚本を作成するにあたっては、原作の声を大切にすることに、こだわったそうです。2番目に人気が高いのが、「世界の中心で、愛をさけぶ」。同名の小説、映画がヒットした後で、金曜ドラマとして、放送されました。

→おんな城主!春風亭昇太演じる今川義元の最後は?桶狭間の戦いの真実とは?

メインとなるシーンは?

森下佳子が、脚本を書く時、一番重視するのは、「書きたいシーン」の設定とのこと。そのシーンに、どのように持っていくかを考えて、ストーリーを考えるそうです。

原作がない、「おんな城主直虎」。歴史上も、詳細なことは、明らかになっていない女性です。直虎の人生で、森下佳子は、何を描きたいのか?『おんなの城』では、徳川家康との縁が、重視されていますが、「おんな城主直虎」でメインとなる人間関係は、どこに設定されるのか?期待が高まります。

→おんな城主!女戦国大名と呼ばれた寿桂尼(浅丘ルリ子)とはどんな女性なのか?

 - おんな城主直虎


スポンサーリンク



《注目記事》U-NEXTで真田丸全話見逃し配信!無料で動画を視聴するのはコチラ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事