大河ドラマネタバレ考案速報

大河ドラマのネタバレ感想サイト!

*

おんな城主直虎のロケ地や井伊直虎ゆかりの地はどこ?


《注目記事》U-NEXTで真田丸が無料で見逃し配信中!

   

スポンサーリンク

2017年NHK大河ドラマは、「おんな城主直虎」。シリーズ第56作目の作品になります。女性ならではの感性と機転で、戦国の世を生き抜いた、井伊直虎。

すでに、撮影は、始まっています。ロケ地として、柴咲コウが訪れた所や、井伊直虎ゆかりの地をまとめてみました。年末年始のドライブに訪れたい、雰囲気のある土地ばかりです。

naotora

おんな城主直虎の撮影が行われたのは、ココ

ロケが、始まったのは、岩手県。「真田丸」の撮影にも使われた場所。歴史公園えさし藤原の郷です。岩手県南部の奥州市にあるテーマパークです。平安時代に平泉文化を築き上げた、奥州藤原の暮らしが体感できる場所です。

「おんな城主直虎」の最初のロケ地となりました。10月上旬に、ロケが行われています。

続いてのロケ地は、静岡県浜松市の北部。鄙びた魅力がある土地で、撮影は、行われました。いずれも、10月上旬にロケが行われています。

田園風景は、久留女木の棚田で。久留女木の棚田は、日本棚田百選に選ばれている、いなさ湖付近の棚田です。続いては、長野県境付近にある、高根城址が「おんな城主直虎」のロケ地になりました。

標高420mの高さにある山城です。武田信玄が三方原で徳川家康を撃破した際の、拠点になった城です。10月9日に柴咲コウや三浦春馬らが、撮影をしていたという目撃情報があります。ここでは、本丸を使わず、土塁などが使われたそうです。

また、浜名湖東部の湖畔近くにある、宿蘆寺でも、ロケが行われたとの情報があります。宿蘆寺は、堀江城主、大澤家の菩提寺です。堀江城は、井伊谷勢と戦った間柄です。

スポンサーリンク

→おんな城主!春風亭昇太演じる今川義元の最後は?桶狭間の戦いの真実とは?

井伊直虎ゆかりの地は、コチラ

井伊直虎が城主を務めた井伊谷城は、現在の静岡県浜松市北区引佐(いなさ)町にあります。井伊谷城は、1010年頃に築かれました。

しかし、井伊直政が、徳川家康の命で1590年に関東に移る際に、城は取り壊されています。現在は、井伊谷城址公園として、かつての風情を残すのみです。

浜松に残る城と言えば、浜松城が有名です。浜松城は、1570年に築かれました。築城したのは、徳川家康です。徳川家康が、29歳の時から45歳まで過ごした城です。

徳川家康が、天下取りの礎を築いた城であり、歴代の城主たちは、後に、江戸幕府の重鎮になります。そこで、浜松城は、「出世城」とも呼ばれています。

井伊直政も、徳川家康に小姓として仕え、武功を重ねていきました。井伊直虎も、武田家に敗れた時に、身を寄せた城です。ロケ地候補の一つです。

ロケが行われることを期待する声が高いのが、長野県高森町。井伊直虎の許嫁が、身を潜ませていた土地です。ここで、許嫁は、妻を娶り、井伊直虎は、生涯独身を貫くことになります。

2人の人生が、別れてしまう土地。寒々とした冬、凍りつく滝、「不動滝」が、有名です。ロケ地候補の呼び声が高い所です。

→おんな城主!徳川家康の正室・築山殿は嫉妬深い女?呪いや悪女の真相は?

スポンサーリンク

 - おんな城主直虎


スポンサーリンク



《注目記事》U-NEXTで真田丸全話見逃し配信!無料で動画を視聴するのはコチラ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事