大河ドラマネタバレ考案速報

大河ドラマのネタバレ感想サイト!

*

真田丸第46話「砲弾」あらすじと感想!織田有楽斎の裏切り?


《注目記事》U-NEXTで真田丸が無料で見逃し配信中!

      2016/11/21

スポンサーリンク

真田丸第46話「砲弾」のネタバレと感想です。

幸村が築いた真田丸砦を攻めあぐねる徳川家康・・・幸村に10万石の領地を約束するといった調略を開始する。有楽斎らのすすめで、秀頼は和睦を決意!幸村は有楽斎の話には裏があると推測する。

幸村は意を決し茶々に直談判に挑む事を決意する。その頃、家康陣営にはイギリスから取り寄せた大砲が到着するのだった!

sanadamaru46

真田丸第46話「砲弾」のあらすじと感想!

真田丸での戦いは、豊臣方の圧勝。「もしかしたら、豊臣軍が勝つかも⁉︎」と、大いに盛り上がった「真田丸」。しかし、敵は、百戦錬磨の徳川家康。知略で、徐々に豊臣方を崩していきます。その中で、懐かしい面々が、第46話で再登場。

真田家の行く末を守ろうと、あの人が立ち上がりました。

スポンサーリンク

信之を阻んだのは、あの人

大坂冬の陣で、秀頼に味方できない、秀吉の旧臣。せめて兵糧だけでも、大坂城に送ろうという動きが、信之の周りで起こっていました。当初は、反対していた信之も、こうの後押しを受け、準備を着々と進めます。

いよいよ、出立の時。信之は、反対する稲を押し切って、出かけようとします。そこに現れたのが、父・昌幸の片腕だった、出浦昌相でした。「真田丸」ファンが、この一週間、待ち望んでいた、あの男の登場。第31話以来の登場です。

自分も一生に一度、無茶をしてみたいと言う信之に、「お前がやろうとしていることは違う」と言う出浦昌相。

昌幸は、無茶をしているようでも、先を見通していたという言葉に、共に戦った昌幸への、変わらぬ信頼が溢れていました。老いて、なお、男の色気を漂わせる、出浦昌相。寺島進と出浦昌相は、もはや不可分の存在との感想を抱いた人は、多いことでしょう。

父を越えたい、二代目たち

「真田丸」では、偉大な父の背中を追う息子の姿が、描かれてきました。第46話では、秀頼、信之、秀忠と、二代目たちが、父の背中を追う姿が、描かれました。

無茶をしようとして、出浦昌相に厳しく止められる信之。「父上を越えたい。この先も、力を貸してくれ。」と、素直に言う秀頼。戦のなんたるかを、今になっても、老臣に諭される秀忠。

家の存続が第一義だった、当時の武家において、どの二代目たちも、苦悩しています。その中で、ひときわ新鮮に映るのが、秀頼だとの感想を抱く人は、少なくないことでしょう。

大人たちの言葉を、真正面から受け止め、悩みながら、城主としての自覚を深めていく姿を、中川大志が好演しています。第46話では、憂い顔に、大人への成長が垣間見えました。

中間世代として描かれた幸村

「真田丸」第46話では、幸村は、中間の世代にある人間として、描かれました。分別盛りの大人としての姿は、秀頼とのシーンで。そして、若々しさが失われていない男としての姿は、信尹とのシーンで。すでに老境にある信尹は、甥の行動を見通した上で、一時の再会に話を弾ませます。

薄暗い城内。ひときわ目につく、幸村の赤い陣羽織。その赤は、幸村のうちに燃える、情念の象徴と見える舞台設定でした。信尹は、真田家の名前が、この戦で残ることを、感じ取っていたのかもしれません。

叔父との再会で、幸村も、自分の中に動くものを、確認したのかもしれません。幸村は、一夜、陣羽織を脱ぎ捨て、一人の武将として、他の牢人たちと、徳川勢への夜討ちに加わります。

幸村の表情が、青年のようだったとの感想を抱いた人は、少なくなかったことでしょう。生き生きと戦う、幸村。それは、彼が、源次郎に返った瞬間でした。

次回、「反撃」。誰が反撃に出るのか?

豊臣方は、やはり、敗北への道をたどるのか?そこに、関わってくるのは、誰か?第46話で存在感を増してきた、あの人が、思わぬ行動に出ます。それが、後日、大きな痛手になってしまいます。女たちの動きから、目が離せない回になりそうです。

→真田丸第45話「完封」あらすじと感想!家康が真田丸砦に脅威を感じる

→真田丸!織田有楽斎の裏切りは?スパイとして仲間を裏切る?

→真田丸!井上順演じる織田有楽斎とは?どんな人物で何をした人?

 - ネタバレ・予想考案, 感想


スポンサーリンク



《注目記事》U-NEXTで真田丸全話見逃し配信!無料で動画を視聴するのはコチラ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事