大河ドラマネタバレ考案速報

大河ドラマのネタバレ感想サイト!

*

おんな城主!春風亭昇太演じる今川義元の最後は?桶狭間の戦いの真実とは?


《注目記事》U-NEXTで真田丸が無料で見逃し配信中!

   

スポンサーリンク

2017年大河ドラマ「おんな城主 直虎」で、イメージが大きく変わりそうな武将がいます。今川義元です。演じるのは、「笑点」の新司会、春風亭昇太。

静岡県出身の春風亭昇太は、今川義元に強い思い入れがあり、普段の着物にも、「今川家の家紋を勝手に使っている」ほどとか。

井伊家にとって、怖い存在だったはずの今川義元。今川義元の名前を世に知らしめた桶狭間の戦いで、今川義元は、最後にどのような行動を取ったのでしょうか?

syunpuuteisyouta

通説では、暗愚が強調されすぎ

今川義元は、一般には、桶狭間の戦いで、織田信長に討たれた敗将として、有名です。有利な情勢にあることに安心し、織田信長を軽んじたため、判断を誤ったとされています。

敗因は、地の利がない、田楽狭間で休息をとったこと。その不意を突かれたことが、致命傷になったと言われています。

最後の戦いでの判断ミスが強調されるあまり、輿に乗って移動していた史実も、さまざまな理由がこじつけられることになりました。

馬に乗れなかったのは、幼い頃に、落馬して、恐怖心に駆られるようになったのではないか。

太っていて、馬に乗れなかったのだろうなど、さまざまな俗説が、後世、創作されました。そのような創作は、江戸時代の中期から見られるようになります。

直近の大河ドラマで、今川義元が描かれたのは、平成19年(2007年)の「風林火山」。

「風林火山」で今川義元を演じた谷原章介は、役を演じるにあたり、「一般には、公家かぶれで軟弱というイメージが浸透していて、桶狭間で油断して討ち取られたという『結果』ばかりが強調されて語られる傾向がある」と語っています。

スポンサーリンク

→おんな城主!徳川家康の正室・築山殿は嫉妬深い女?呪いや悪女の真相は?

今川義元の最後は、壮絶だった

今川義元は、桶狭間の戦いの直前、不吉な夢を見たと言われています。夢に出てきたのは、異母兄の玄広恵探。花倉の乱で家督を争った相手です。

玄広恵探は、「このたびの出陣を止めよ。」と言います。今川義元は、「そなたは、我が敵。そのようなことを聞くことは、できぬ。」と言い返しました。玄広恵探は、言葉を重ね、「敵味方の感情で言っているのではない。当家の滅亡を案じているのだ。」と言い、そこで、今川義元は、目が覚めたと、『当代記』には、記されています。

移動に輿を使っていたのは、足利将軍家との密接な関係を表すためと、考えられています。

今川家は、足利将軍家の分家でした。そのつながりから、合戦の際も、輿に乗ることを、特別に認められていたとされています。

馬に乗って、今川義元が、桶狭間山から退却したことは、『信長公記』に記されています。

今川義元の最後については、『改正三河後風土記』に語られています。それによると、退却するところを襲われた今川義元は、斬りかかった服部春安という織田家の家臣には、自ら抜刀して、膝を払って撃退しています。

さらに毛利良勝が斬りかかった時には、数合やり合い、首を掻こうとした良勝の指を食いちぎったと、伝えられています。

今川義元は、毛利良勝に首級と愛刀・左文字の太刀を奪われました。その後、残存した今川兵は、義元の遺体を駿府まで連れ帰ろうとしたと言われています。ただし、首のない遺体は、想像以上に腐敗の進行が早く、三河国宝飯郡に埋葬されました。

→おんな城主!女戦国大名と呼ばれた寿桂尼(浅丘ルリ子)とはどんな女性なのか?

 - 登場人物


スポンサーリンク



《注目記事》U-NEXTで真田丸全話見逃し配信!無料で動画を視聴するのはコチラ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事