大河ドラマネタバレ考案速報

大河ドラマのネタバレ感想サイト!

*

真田丸第45話「完封」あらすじと感想!家康が真田丸砦に脅威を感じる


《注目記事》U-NEXTで真田丸が無料で見逃し配信中!

      2016/11/14

スポンサーリンク

真田丸第45話「完封」のネタバレと感想です。

幸村が築いた真田丸砦に脅威を感じる家康・・・そんな中徳川軍の軍勢には信之の二人の息子、そして景勝らの姿も見える!幸村は、太助らと共に徳川軍を挑発する。

その挑発に苛立った徳川兵は一気に真田丸を落としにかかるのだが、この事を知った家康は激しく憤る。真田丸は又兵衛や勝永、盛親ら牢人衆が待ちかまえていた!

sanadamaru

真田丸第45話「完封」のあらすじと感想!

いよいよ大坂冬の陣、勃発。「真田丸」で、最も大規模なロケが行われた第45話。幸村として、名乗りを上げた信繁は、大将としての務めを果たします。「真田丸」第45話「完封」。三たび、真田軍が、徳川軍を撃退します。

スポンサーリンク

いやらしさを増す、徳川家康

本陣を構えた茶臼山で、真田丸の攻めにくさを、家康は、秀忠に教えていきます。大きさ、場所と指摘したところで、秀忠は、図面を奪うかのような勢いで掴み、父・家康の考えを読もうとします。

図面を、親子で、一瞬引き合う形になったのが、軽く笑えるシーンでした。老いても、第一線を息子に任せられない家康。父の偉大さに、いつまでも引け目を感じている自分に、反発しようとしている秀忠。しかし、秀忠は、真田丸の巧妙さを見出せず、家康は、正信に答えさせます。

攻めにくい出城を築いたのは、真田。家康は、真田に縁のある上杉に、真田丸を落とすよう、命じます。その命じ方のいやらしさ。内野聖陽が憎々しく見えたという感想を抱いた人は、多かったことでしょう。

上杉景勝と直江兼続を、舐め回すように見る視線。いびるような物言い。回を追うごとに、家康がいやらしさを増しているという感想を抱かせる、内野聖陽の演技が、巧みでした。

→真田丸!長澤まさみ演じるきりの最期はどうなる?

大将としての初舞台に、高揚する幸村

第45話から、幸村は、派手な赤い陣羽織をまとって、登場しました。鮮やかな赤。戦場で、ひときわ目立つ赤揃え。赤をまとうということは、己の強さを誇示することでもあります。

信繁は、幸村として、大坂城に入場してから、いわば、ハッタリをかまし続けてきました。亡き父・昌幸の戦上手は、天下に鳴り響いていました。しかし、自分には、実戦で指揮を執った経験がない。その引け目を跳ね除けるべく、幸村として、彼は、策を考え、実行することに、全力を尽くしていました。沈着を装って。

又兵衛が、「面白いように策が当たったな!」と讃えても、「策とは、そういうものじゃ」と、あっさり受けてみせます。それが、ポーズであることが、明かされたのが、重成を呼び寄せてのささやき。「実は、かような戦、私も初めてなのだ。心の臓が、口から飛び出そうだ。」

言い終わって、まるでげっぷをするかのような仕草をみせた、堺雅人の演技が、秀逸でした。戦は終わったとの感想を、改めて抱いた人も、多かったことでしょう。

幸村が、実は、相当な重圧に耐えていたことを、初めて知った重成。目を丸くした姿に、初々しさが表れていました。

→真田丸!井上順演じる織田有楽斎とは?どんな人物で何をした人?

真田家の歴史が、繰り返される

第45話は、真田家の重要な情景が、繰り返された回になりました。敵兵を挑発すべく、六文銭旗を振って、「高砂」の一節を歌ったのは、今回は、大助です。第一次上田合戦で、信繁が果たした役目を、今回は、その息子が担います。朗々と響いた浦上晟周の声に、若き日の信繁を重ねた人も、多かったことでしょう。

大助が、敵兵を引き連れて戻ってきたのを、二階櫓から見ていた幸村は、「ようやった、大助!」と、声を弾ませます。昌幸を彷彿とさせるという感想が、自然と沸き起こる、堺雅人の演技でした。

敵を槍で薙ぎ倒し、戻ってきた幸村は、大助の頬を両手で挟み、軽く叩きます。父の意外な行動に驚き、笑顔を弾けさせる嫡男。その仕草は、「真田丸」の最初の頃から、真田家の人々のつながりの強さを示すシーンで、登場したものでした。

戦場でしっかりと結びついた父と息子。「真田丸」最終章で、最も和める回が、第45話だったのかもしれません。

次回「砲弾」。早くも、破綻の兆しが、豊臣方には表れます。綻びは、幸村が、胡散臭いと睨んだ、あの男から。秀頼の憂い顔にも、注目です。

→真田丸45話「完封」のネタバレとあらすじ!

→真田丸!織田有楽斎の裏切りは?スパイとして仲間を裏切る?

 - ネタバレ・予想考案, 感想


スポンサーリンク



《注目記事》U-NEXTで真田丸全話見逃し配信!無料で動画を視聴するのはコチラ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事