大河ドラマネタバレ考案速報

大河ドラマのネタバレ感想サイト!

*

真田丸49話「前夜」のネタバレとあらすじ!


《注目記事》U-NEXTで真田丸が無料で見逃し配信中!

   

スポンサーリンク

大坂夏の陣が、始まります。幸村、出撃の前に、何が起こったのか?幸村として、生を終えようとする信繁に、懐かしい人々が、言葉を掛けます。長い歳月が流れた事を、実感する49話。「真田丸」の時間が、終わりに近づいています。

sanadamaru49

信之と信尹は、それぞれの思いを信繁に伝える

幸村と名を改めて、大坂城入りした信繁。新たな人生を、信繁は、送っていました。自分の人生を、彼は、自ら名乗る名前の元で、生きていました。

幸村として、生を終えようとしている信繁に、真田家の2人が、呼びかけにきます。1人は、信之。もう1人は、ネタバレするまでもないでしょう。信尹です。家康の命で、再度、幸村に翻意を促しに行く、信尹に付いて、信之は、真田の陣に赴きます。

「死んではならぬ」と言う兄。犬伏での誓いを、信之は、忘れてはいませんでした。信之を、呆然と見送る弟。堺雅人の表情が、注目されます。そんな信繁に、信尹は、語りかけます。

「生きたいように生きればよい」「真田丸」の3話で、「叔父上は、私の鑑とするお方です」と言った青年は、今、老境に足を踏み入れようとしています。その信繁に、叔父は、最高の言葉を贈ります。いぶし銀のような、栗原英雄の演技に、歳月の流れを感じることでしょう。

スポンサーリンク

→近衛信尹と小野お通の関係!謎多き才女の意味とは?

戦場で武将たちは、心を通わす

大坂夏の陣が、始まりました。道明寺に出陣したのは、又兵衛と全登。又兵衛は、心中穏やかではありませんでした。家康の調略を断ったにもかかわらず、デマが流されていたからです。デマの元は、ネタバレするまでもなく、察しがつくことでしょう。正信でした。老獪な正信の、したたかな作戦に、剛直な又兵衛は、してやられた形でした。

幸村と勝永は、又兵衛を思って、陣に顔出しします。しかし、翌朝、又兵衛は、討ち死にします。又兵衛の戦死を知らされた幸村は、形見の兜を見つめました。

戦いは、豊臣の劣勢。幸村は、しんがりを務めます。そこで、互いを認め合った伊達政宗に、幸村は、妻子を託す事にします。真田家の人々は、49話で、別れの時を迎えます。

→真田丸!哀川翔演じる後藤又兵衛とはどんな武将?

ついに2人は、心を通じあわせる

大坂城に残るのは、大助、高梨内記。そして、きり。きりに、幸村は、いざとなったら、千姫を連れて、秀忠の元に行くように言いつけます。その後、きりは、沼田に帰る事ができるというのが、幸村の考えでした。

きりは、幸村にどう答えたでしょうか?ネタバレする事もないでしょう。きりが、すんなり、源次郎の言う事を、聞いたためしはないのですから。きりは、戻ってくると言い、こう付け加えます。「源次郎様のいない世にいても、つまらないから」次の瞬間、幸村は、きりを抱き寄せます。

ついにやってきた、この瞬間。きりを演じた長澤まさみは、「恋人でも夫婦でもない、ずっと一緒にいる男女の一つの形を描こうとしている」と、語っています。戦国の世を、ずっと一緒にいた2人は、戦いの直前、しっかりと結びついたのでした。「真田丸」49話、最大の見所です。

→真田丸48話「発火」のネタバレとあらすじ!

 - ネタバレ・予想考案


スポンサーリンク



《注目記事》U-NEXTで真田丸全話見逃し配信!無料で動画を視聴するのはコチラ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事