大河ドラマネタバレ考案速報

大河ドラマのネタバレ感想サイト!

*

真田丸48話「発火」のネタバレとあらすじ!


《注目記事》U-NEXTで真田丸が無料で見逃し配信中!

   

スポンサーリンク

老獪な家康。幸村は、父・昌幸と同じ決断をします。それが、どのような決断だったのか?すぐにネタバレされる形になります。一方、豊臣方は、足並みの乱れが、目立ってきました。

事の起こりは、意外なあの男。これまで、表に出てこなかった、あの男の判断ミスが、事態を、後戻りできない形にしてしまいます。大坂夏の陣へと進む、歴史の裏側が描かれる、「真田丸」48話。真田家の人々が、顔を揃える、最後の機会になります。

sanadamaru48

家康の暗さつ計画は、失敗する

幸村が狙うのは、家康だけでした。家康襲撃を、計画します。それと共に、図ったのは、家康に内通する、あの男をあぶり出すこと。かねてから、幸村が疑いの目を向けていたのは、ネタバレするまでもなく、連想される、秀吉の御伽衆。織田有楽斎です。

有楽斎は、幸村の予想通り、家康に密書を送ります。証拠をつかんだ幸村は、有楽斎に、大坂城からの退去を迫ります。「今すぐ出て行かれよ」と言って、刀を抜く幸村。堺雅人の気合の演技、必見です。

幸村は、佐助に、家康暗さつを命じていました。かつて、出浦昌相が、しくじった大仕事。「真田丸」31話での寺島進の立ち回りを印象深く覚えている人は、多いことでしょう。「真田丸」の最初の頃から、引き続き出演している、数少ない俳優・藤井隆の勇姿が、期待されます。佐助は、仕留めました。しかし、それは、影武者でした。

スポンサーリンク

→豊臣秀長と徳川家康の関係は?正室(慶)と子供について

義兄との話で、幸村は鉄砲の有効性を知る

幸村は、新たな要害を作ることを計画しました。秀頼は、幸村の策を褒め、大規模な工事を許可します。時を稼ぐとともに、牢人たちの気持ちを和ませようと、秀頼は、親しい者との再会の機会を設けます。

真田家の人々も、48話で、再会を果たしました。幸村、茂誠、三十郎は、息災を喜び、大助、信吉、信政は、初対面の挨拶を交わします。

久々に会った義兄に、幸村は、敵陣に馬で突入し、大将の首を狙うには、どの武具が良いか、相談します。茂誠は、野戦の経験が豊かだったことが、ネタバレされる形になります。茂誠は、鉄砲を挙げ、鉄砲の長所を教えます。そして、不吉な予感に襲われて、黙り込みます。

→真田丸に登場する小山田茂誠の最後は?松を失った後はどうしたのか?

発火元となったのは、あの男

事が大きく動いたのは、48話まで、表立った功績を上げることもなかった、あの男の判断ミスのせいでした。蔵を開け、配下の牢人たちに金銀を与えた、治房。

しかも、治房は、独断で、大坂城の堀を掘り返し始めます。幸村は、息をのみますが、事は起きてしまいました。又兵衛が叫びます。「みんな、戦がしてえんだよ!」もはや、戦いは、必至。大坂夏の陣は、そこまで、迫っています。

幸村は、文を認めます。ネタバレするまでもなく、死を覚悟した幸村が、言葉を送るのは、兄・信之。信之は、幸村を思いとどまらせるために、大坂に向かう事にします。

→真田丸47話「反撃」のネタバレとあらすじ!

 - ネタバレ・予想考案


スポンサーリンク



《注目記事》U-NEXTで真田丸全話見逃し配信!無料で動画を視聴するのはコチラ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事