大河ドラマネタバレ考案速報

大河ドラマのネタバレ感想サイト!

*

真田丸47話「反撃」のネタバレとあらすじ!


《注目記事》U-NEXTで真田丸が無料で見逃し配信中!

   

スポンサーリンク

天守に撃ち込まれた砲弾。茶々は、動揺し、豊臣方は、和睦に、舵を切らざるをえなくなります。和睦の交渉を最終的に取りまとめてしまったのは、やはり、あの人。

ネタバレするまでもなく、連想される、懐疑心に凝り固まった、老女。しかし、悔やまれる出来事にも、秀頼は屈しません。頼もしく成長する秀頼。「真田丸」47話。中川大志ファン、必見の回です。

sanadamaru47

君主として成長する秀頼

茶々は、砲撃で、大きな衝撃を受けていました。崩れる天守。そこに、両親の死の影を見ていたのです。茶々の心のうちは、46話で明かされていました。

茶々の居所を知らせたのが、且元だったことは、47話でネタバレされる形になります。最後まで、板挟みの人生だった且元。47話で、最期が語られます。

母親の茫然自失たる有様に、秀頼は、和睦を決めます。大蔵卿局が差出口をしても、有楽斎が揺さぶりをかけても、動じない秀頼。次第に君主としての自覚を、秀頼は深めていきます。「それで太平の世が再び訪れるのであれば、私は喜んで城を出よう」中川大志の台詞回しに注目です。

スポンサーリンク

→豊臣秀頼が淀殿と大野治長の子供と言われる所以は?

交渉の場に同席するきり

和睦の話し合いは、女性同士ですることになります。胡散臭い有楽斎を、交渉の席から排除するためです。豊臣方は、初を使者に立てます。徳川方は、阿茶局。大役に不安を感じる初に、きりをつけることを、幸村は思いつきます。

幸村は、きりに、風向きが悪くなったら、流れを変えるように、言い含めます。本当に困った時に、頼れるのが、きり。きりと幸村との長い歩みを、47話では、感じることになるでしょう。

幸村の期待通り、きりは、初が気後れしている時に、場を引っかき回します。しかし、阿茶局は、老練でした。先手を取って、話を進めていきます。また、阿茶局は、大蔵卿局が牢人たちを毛嫌いしているのを、熟知していました。その心理につけこまれ、大蔵卿局は、真田丸の取り壊しと、堀の埋め立てを、さっさと決めてしまいます。

→真田丸!きり(長澤まさみ)は実在した?

望みを捨てない秀頼

徳川の兵は、すかさず、大坂城の囲みを解いていきます。秀頼の前に呼び出されても、「あのようなものは、無用の長物」と、語気を強める、大蔵卿局。頑迷な老女の抗弁に、ほくそ笑むのは、有楽斎だけでした。

幸村は、牢人たちに頭を下げ、力不足を詫びます。そんな幸村を励ます、又兵衛や重成。「軍議」で揉めた男たちが、心を合わせます。そこにやってきたのが、秀頼でした。

「望みを捨てぬ者にだけ、道は開けると、そなたは言った。私は、まだ捨ててはいない」秀頼が、反撃の気概を示し、又兵衛たちが、ときの声を上げます。「反撃」したのが、秀頼だったと、ネタバレされる形で、「真田丸」47話は、終わります。

→真田丸46話「砲弾」のネタバレとあらすじ!

 - ネタバレ・予想考案


スポンサーリンク



《注目記事》U-NEXTで真田丸全話見逃し配信!無料で動画を視聴するのはコチラ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事