大河ドラマネタバレ考案速報

大河ドラマのネタバレ感想サイト!

*

真田丸46話「砲弾」のネタバレとあらすじ!


《注目記事》U-NEXTで真田丸が無料で見逃し配信中!

   

スポンサーリンク

大坂冬の陣は、豊臣方の圧勝。しかし、戦後処理で、家康は、優位に立ちます。家康と、家康を支える者たちのしたたかさが際立つ、46話。豊臣方の内輪が揃わぬまま、事態は、次の展開を迎えます。事を大きく動かしたのは、砲弾でした。

sanadamaru46

対照的な二世、秀頼と秀忠

初めて戦を知った秀頼は、味方の完封勝利に、意気が上がりました。幸村に、「一気に茶臼山の家康本陣に総攻めを仕掛ける…ではないのか」と問いかけます。

しかし、幸村は、今こそ守りに徹するべきと主張します。「策とは、いかに味方の命を損なわぬか」秀頼は、幸村の言葉に、真摯に耳を傾けます。

同じ事を、徳川方では、正信が秀忠に諭していました。秀忠は、惨敗に焦っていました。総攻めの命を待っていたのです。父と違って、戦が下手な秀忠。家臣の人望も、いまひとつ。同じ二世であっても、ついて行きたい器かどうか。秀頼との対照が、鮮やかです。家康の心配が、「真田丸」の46話で、見る者に伝わります。

→豊臣秀頼が淀殿と大野治長の子供と言われる所以は?

家康は、幸村の調略を企てる

家康は、幸村の調略を企てます。家康は、信繁の実務能力を買っていました。自分に仕えるように、声を掛けたこともあります。「真田丸」34話でのことです。見事な戦いぶりを見て、家康は、幸村を引き抜く事を考えます。

誰を、調略役に抜擢したか?幸村が、心を開きそうな人物。家康の持ち駒の一つ。そんな人物が、いるでしょうか?調略に長けた人物として、印象に残っているのは、あの男。信繁の青年時代を遡った時、思い出されるのは、昌幸の弟です。ネタバレするまでもなく、思い出から、掘り起こされることでしょう。信尹が、再登場します。

いい感じに白髪を重ねた栗原英雄が、眼光鋭く現れます。幸村との密会。そこで、信尹は、叔父としての立場を貫きます。46話の見どころの一つです。

スポンサーリンク

→徳川家康の側室!阿茶局・お梶・お夏について

大筒の着弾に、衝撃を受ける茶々

幸村の調略は、失敗に終わります。しかし、家康は、有楽斎に和睦への手はずを整えるよう、働きかけていました。有楽斎は、牢人たちを嫌っている大蔵卿局を取り込み、秀頼に、和睦を承諾させてしまいます。

秀頼の決断を覆すべく、幸村は、茶々に直談判し、茶々は、高飛車に息子に宣言します。「断は私が下します!」いかなる手段を講じても、勝とうとする幸村の執念。堺雅人の台詞回しに注目です。

茶々の一喝で、和睦の話は流れます。しかし、その翌日、家康の本陣にイギリスの最新鋭の大砲が届きます。砲弾は、大坂城の天守を直撃。なぜ、家康は茶々の居所を知ることができたのか?ネタバレは、47話に持ち越されます。

白煙の中、瓦礫の中に入っていこうとする茶々を、必死に止めたのは、大蔵卿局ではありませんでした。茶々と行動を共にしていたのは、誰か?ネタバレになります。「真田丸」45話で、幸村が自分以外の女性を愛していることを、改めて思い知らされた女性。きりです。茶々から、自分の侍女になるよう、命じられていたきりは、茶々を、窮地から救うことになります。

→真田丸45話「完封」のネタバレとあらすじ!

 - ネタバレ・予想考案


スポンサーリンク



《注目記事》U-NEXTで真田丸全話見逃し配信!無料で動画を視聴するのはコチラ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事