大河ドラマネタバレ考案速報

大河ドラマのネタバレ感想サイト!

*

真田丸45話「完封」のネタバレとあらすじ!


《注目記事》U-NEXTで真田丸が無料で見逃し配信中!

   

スポンサーリンク

完成した真田丸。秀頼との信頼関係によって、築かれた出城でした。「真田丸」の45話では、いよいよ大坂冬の陣が、描かれます。「真田丸」最大の見せ場。完封勝利に、歴史を知る人も、「豊臣の世が続くかも⁉︎」と、錯覚に陥ることでしょう。戦いの裏事情も、ネタバレします。

sanadamaru45

再現される第一次上田合戦

真田丸での戦いの概要は、第一次上田合戦を彷彿とさせるものです。世代交代を印象付けるのが、大助の活躍。13話で、信繁が担った役割を、45話では大助が果たします。六文銭の旗を振って、「高砂」を唄う大助。

大助の挑発に乗り、前田勢が、真田丸に攻め寄せます。真田丸の二階櫓から、徳川の軍勢の動きを見て、采配を取るのは、今回は、幸村です。「敵を一つの塊と思うな」と言う堺雅人に、草刈正雄を重ねる人も、多いはず。

敵を引き寄せたうえで、一斉攻撃。混乱の極に陥る徳川軍。次々と効果的に攻めていく、豊臣軍。第一次上田合戦と、寸分違わぬ構図が、再現されます。すでに手痛い敗北を喫したことがある、徳川家康。前田勢が、挑発に乗ったことを知った段階で、色をなします。「いかん、真田の思うつぼじゃ!」

スポンサーリンク

→真田丸!真田大助役はアスペルガーの役もこなす浦上晟周!

身内との戦いを避ける

開戦を決めるきっかけは、なんだったのか?ネタバレになります。信之の息子たちに、徳川からの命が、下っていました。出城の真田を攻めるようにと。信政は、徳川への忠義を示す好機と、すぐさま支度にかかります。しかし、信吉は、「叔父上とは戦いとうないのじゃ」と、沈みます。

信吉の様子を見た茂誠は、三十郎に指図して、幸村への密書を認めさせます。密書は、佐助を介して、幸村に届けられました。幸村も、身内とは、戦いたくありません。戦いの日が決められました。明朝、薄暗い中、戦いが、始まります。大助にとっては、初陣でした。

→真田丸!藤井隆が演じる佐助のモデルは実在した忍者なのか?

日の本一の兵と称えるのは、あの男

「真田丸」45話で、幸村は、ついに「日の本一の兵」と称されます。歴史に残された形容です。戦いの後、幸村に、その賞賛を送ったのは、あの男。信繁の若き日、義を大切にすることを、熱く語った、あの男です。ネタバレするまでもなく、信繁の青春時代に思いを馳せれば、その名が浮かんでくるはず。上杉景勝です。

上杉景勝は、家康に「真田丸を落とせ」と、命じられていました。関ヶ原の戦いの直前、上杉がたてついたことを、家康は、未だに根に持っていたのです。上杉家の安泰の条件として、家康は、景勝に、真田丸を落とすことを、命じていました。敵味方に分かれた景勝と幸村。戦いを制した幸村への、渾身の賞賛が、戦国の一面を語ります。

→真田丸第44話「築城」あらすじと感想!松が大阪へ向かう!?

 - ネタバレ・予想考案


スポンサーリンク



《注目記事》U-NEXTで真田丸全話見逃し配信!無料で動画を視聴するのはコチラ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事