大河ドラマネタバレ考案速報

大河ドラマのネタバレ感想サイト!

*

真田丸!織田有楽斎の裏切りは?スパイとして仲間を裏切る?


《注目記事》U-NEXTで真田丸が無料で見逃し配信中!

   

スポンサーリンク

第43話「軍議」で、ついに本音を口にした織田有楽斎。好々爺を演じていた老人は、突如、目を剥き、幸村たちに「金で雇われた牢人」と吐き捨てます。牢人たちと織田有楽斎との対立が、初めて明らかになった瞬間です。

この後、不穏な動きが予想される、織田有楽斎。「真田丸」で、どのように描かれるのか?史実を、三谷幸喜がどのように切り取ったのか?豹変した織田有楽斎の今後が、気になるところです。

odaurakusai

幸村は、徳川への内通を疑う

幸村が、「真田丸」の中で、織田有楽斎への疑念を抱くようになるのは、大坂冬の陣の前哨戦となる事件からです。明石全登の隊が守る木津川砦を、徳川軍の蜂須賀勢が、奪う事件が起こりました。のみならず、豊臣方の手薄な砦が、狙い撃ちにされます。誰かが、情報を、徳川方に漏らしているのではないか?幸村は、織田有楽斎に疑いの目を向けます。

疑念が、確信に変化したのは、大坂冬の陣の後のこと。織田有楽斎は、さりげない風を装い、しかし、執拗に、和睦を勧めます。それは、実は、家康からの働きかけに応じてのことでした。

幸村は、織田有楽斎に重大な事を諮ると見せかけ、家康に内通するのを確かめます。家康につながっていたら、密書を送るはずのことでした。織田有楽斎は、幸村の読み通り動きます。裏切りの確証を得た幸村は、織田有楽斎に城から立ち去るように迫ります。刀にかけて迫られた織田有楽斎は、隠棲します。

→真田丸!武田幸三のプロフール!演じる大野治房とは?

「真田丸」に登場する前の織田有楽斎

幸村が、織田有楽斎の裏切りを、早くから予見していたのは、史実に基づく理由があります。織田有楽斎は、関ヶ原の戦い以前から、一貫して徳川方に就いていました。秀吉の死後、家康と前田利家が対立した時、駆けつけたのは、家康方でした。関ヶ原の戦いでは、東軍に参陣しました。

関ヶ原の戦いでは、西軍の有力武将の首級を2つ取っています。その功績により、織田有楽斎は、戦後、大和国内で3万2000石を、家康から与えられています。

「真田丸」に描かれていない、織田有楽斎の経歴。秀吉の馬廻衆だった信繁は、家康側の人間として、織田有楽斎を認識していたものと、考えられます。

スポンサーリンク

→真田丸!はいだしょうこ演じる茶々の妹・初は地味にスゴイ人生を歩む

「真田丸」で描かれない、織田有楽斎の嫡男

「真田丸」には、織田有楽斎の息子は、登場しません。史実では、織田有楽斎の嫡男・頼長には、さまざまな奇行が伝えられています。頼長は、強硬派でした。父・織田有楽斎とは、激しく対立。その一方、大坂冬の陣では、病と称して、攻撃には加わりませんでした。

大坂夏の陣の前には、一転して、「自分を司令官にしろ!」と主張。諸将の反対にあい、頼長は、出奔してしまいます。織田有楽斎の大坂城退去は、嫡男の奇行も、原因となったとされています。

「真田丸」では、頼長を登場させず、幸村が大坂城入りしてから、織田有楽斎を描くことで、得体の知れなさを倍増させています。演じている井上順は、「平和に終わればいいなというのが、有楽斎の一番の願いだと思うんです。」と語っています。「平和に終わればいいな」という願いが、裏切りのニオイを帯びるところに、「真田丸」が、幸村の視線で描かれていることを、物語っています。

→真田丸!塙団右衛門とは?どのような人物だったのか?

 - 登場人物


スポンサーリンク



《注目記事》U-NEXTで真田丸全話見逃し配信!無料で動画を視聴するのはコチラ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事