大河ドラマネタバレ考案速報

大河ドラマのネタバレ感想サイト!

*

NHK西郷どんの主役に鈴木亮平!体重増加の方法は?


《注目記事》U-NEXTで真田丸が無料で見逃し配信中!

   

スポンサーリンク

2018年のNHK大河ドラマ「西郷どん」の主役が、内定しました。鈴木亮平(33)です。身長186cm。長身の西郷隆盛にふさわしい鈴木亮平。

体格を、演じる役に合わせて、自在に変えることで、鈴木亮平は、知られています。西郷隆盛役に挑む際は、増量を敢行することでしょう。

鈴木亮平が、過去に挑んだ、体重増加の方法は、どのようなものだったのでしょうか?

suzukiryouhei

増減が著しかった2015年の鈴木亮平

鈴木亮平が、カメレオン俳優と呼ばれるようになったのは、2015年。TBSの60周年記念企画、日曜劇場「天皇の料理番」で、激やせした姿を見せました。

演じたのは、秋山周太郎。病に冒され、志半ばにして、夢を諦めることになる男です。やつれた姿に哀感を漂わせるべく、半年かけて20Kgの減量。

「天皇の料理番」のクランクアップから、わずか1ヶ月後に演じたのが、映画「俺物語‼︎」の剛田猛男役。設定は、身長2m、体重120Kgの巨漢です。

大柄な男子高校生に変身するため、鈴木亮平は、30Kgの増量に挑みました。顔の輪郭が、全く異なる印象を与え、「別人!」と、人々を驚かせました。

役に合わせて、体を作り込む俳優は、多いものの、短期間での大幅な体重コントロールに、人々は、驚嘆しました。NHKの大河ファンの間でも、「俺物語‼︎」の印象から、鈴木亮平を「西郷どん」の主役候補に挙げる人が、少なくありませんでした。

短期間での肉体改造の努力が、日の目を見た形になります。

スポンサーリンク

→林真理子原作の西郷どん!あらすじや見所は?

鈴木亮平の増量法は?

2015年の大幅な増量は、どのようにして、実現したのでしょうか?30Kgの増量のうち、20Kgは、リバウンドだったと言います。

「天皇の料理番」の収録中、鈴木亮平が摂取したカロリーは、1日800kcal。基礎代謝量を大きく下回るものでした。納豆とキャベツしか食べなかったことは、テレビでも放送されました。キャベツダイエットとして、実践する人が、増えたものです。

過酷なダイエットをしていたため、クランクアップから、急に食べ始めただけで、すぐにリバウンドしたそうです。10日間で、元の体重に戻ったとのこと。

残り10Kgを増やすため、鈴木亮平が行ったのは、ひたすら食べ続けること。撮影現場でも、スタッフに頼んで、毎朝、パンを10個買ってきてもらったと言います。

もともとパンが好きだったので、「パンなら食べられる」という理由からのチョイス。夜も、1回起きて、食事をしてから、再び寝るという生活を繰り返したと言います。

目が覚めている間は、常に満腹にするよう、何か食べる。夜も、消化されてしまわないうちに、起き出して食べる。その繰り返しによって、体重を短期間に増やすことに成功したそうです。

巨漢のイメージが浸透している西郷隆盛。2018年NHK大河ドラマでは、主役の鈴木亮平に、西郷(せご)どんを見いだす人が、多いことでしょう。

→大河ドラマ西郷どんの主役を予想!堤真一はなぜ辞退した?

 - 西郷どん


スポンサーリンク



《注目記事》U-NEXTで真田丸全話見逃し配信!無料で動画を視聴するのはコチラ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事