大河ドラマネタバレ考案速報

大河ドラマのネタバレ感想サイト!

*

真田丸!塙団右衛門とは?どのような人物だったのか?


《注目記事》U-NEXTで真田丸が無料で見逃し配信中!

   

スポンサーリンク

「マジすか学園」のカマタリで知られる、小手伸也が演じることが明らかになった塙団右衛門。「真田丸」の大坂城編を彩る主要な人物の1人です。

塙団右衛門は、岩見重太郎の講談でお馴染みの人物ですが、どのような活躍をしたのでしょうか?

sanadamaru_ban

命令無視を咎められて出奔

塙団右衛門は、出身や生い立ちが謎に包まれた人物です。生まれたのは、1567年とされていますが、両親についても、出身地についても、明らかになっていません。

塙団右衛門が最初に武名を挙げたのは、朝鮮出兵の時です。豊臣秀吉の家臣・加藤嘉明に仕え、朝鮮に渡ります。朝鮮の役で、加藤嘉明は、青い絹四尺半の真ん中に日の丸を描いた旗印をこしらえました。

この目立つ旗印を任されたのが、塙団右衛門でした。塙団右衛門は、日の丸を描いた旗印を背負って、度々武功を挙げました。

その一つが、朝鮮の番船の乗っ取り。塙団右衛門は、三艘の番船を8名で乗っ取る大功を挙げます。その功績により、1000石を与えられ、鉄砲大将に任じられます。この時、塙直之から塙団右衛門直之と改名したとされています。

1600年の関ヶ原の戦いでは、鉄砲大将として参陣。しかし、命令に従わず、勝手に足軽を突撃させ、自らも槍を取って敵中へ一騎駆けをします。そのため、主君の加藤嘉明の勘気を被り、将たる能力がないと叱責されます。

主君に叱責された塙団右衛門は、「遂不留江南野水 高飛天地一閑鴎」(小さな水に留まることなく、カモメは天高く飛ぶ)という漢詩を認めた紙を、書院の大床に張り付けて出奔。その漢詩を見た加藤嘉明は激怒し、奉公構と言って、他家が召し抱えないように伝える処分に出ます。

言わば就職妨害された塙団右衛門ですが、この後、3回、他家に召し抱えられています。最初に塙団右衛門を召し抱えたのは、加藤嘉明よりも格上の小早川秀秋。ただし、小早川秀秋は、1602年10月に死去し、断絶。

続いて、徳川家康の子・松平忠吉に仕えますが、松平忠吉も1607年3月に死去して断絶。その後、福島正則が1000石の馬廻として召し抱えます

しかし、福島正則に対しては、加藤嘉明が直接抗議し、奉公構を守るように迫ったため、罷免されます。

スポンサーリンク

→真田丸!塙団右衛門のキャスト小手伸也とは?

大坂冬の陣で自分の名を記した木札を撒く

3度にわたり、就職に失敗した塙団右衛門は、「鉄牛」と名乗る禅僧となります。ただし、刀脇差を帯びた姿で托鉢し、胡散臭がられたようです。

豊臣家と徳川家の対立が激化し、還俗。徳川家は、多勢で、功を挙げても禄は期待できないが、豊臣家ならば、大功を挙げれば、大名にもなれるとして、豊臣家に加担すべく、10名ほどを引き連れて、大坂城入りします。

大坂城では、大野治房の配下に加わります。大坂冬の陣で、和議が迫った1614年11月17日、夜襲の許可を得て、150の兵を引き連れ、蜂須賀至鎮の陣に夜襲をかけます。

この夜襲の目的は、塙団右衛門にとっては、自らの名を知らしめることにあったようで、敵陣に「本夜之大将ハ、塙団右衛門直之也」と記した木札を撒き散らしています。

また、塙団右衛門は、本町橋の上で仁王立ちになり、大声で指示を出し、「大将の器」であることをアピールしたとも言われています。

この夜襲で、塙団右衛門は、一躍有名になり、「夜討ちの大将」として、講談で語り継がれることになります。「真田丸」で、この有名な逸話が描かれるかが、注目されるところです。

1615年の大坂夏の陣では、大将の1人に任じられ、大野治房とともに出陣します。前哨戦の樫井の戦いで、大野治房本隊の先鋒となります。仲が悪かった岡部則綱隊が先行していると知るや、先鋒を譲るまいと、またも勝手に敵陣へ突撃。

本隊と連携が取れず、混戦となります。馬上で戦っていたところに矢を射かけられ、額に矢を受けて落馬。そこを八木新左衛門に槍で突かれ、死亡。享年、48とされています。

信繁と対照的な参陣ぶりが、「真田丸」でどのように描かれるのか、注目される武将です。

→真田丸!井上順演じる織田有楽斎とは?どんな人物で何をした人?

 - 歴史, 登場人物


スポンサーリンク



《注目記事》U-NEXTで真田丸全話見逃し配信!無料で動画を視聴するのはコチラ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事