大河ドラマネタバレ考案速報

大河ドラマのネタバレ感想サイト!

*

真田丸!高畑裕太の代役!大山真志の演技力と実績は?


《注目記事》U-NEXTで真田丸が無料で見逃し配信中!

   

スポンサーリンク

第35話で、ついに親兄弟が決別することになった真田家。真田を残すための策として、豊臣と徳川に分かれて就くことを提案した信幸。真田家の世代交代を感じさせる展開でした。その信幸の息子・信政を演じる俳優が、発表されました。

当初、キャスティングされていたのは、高畑裕太でしたが、世間を騒がせたことにより、降板。高畑裕太の代役として、「真田丸」に出演する事が決まったのは、大山真志(おおやま まさし)です。

sanadamaru

テニミュで知られたイケメン俳優

高畑裕太の代役として、にわかに「真田丸」への出演が決まった大山真志は、これまで、主にミュージカルで活躍してきた俳優です。1989年8月17日生まれ。東京都新宿区出身。スペースクラフト所属です。

小学4年生くらいから、音楽カレッジのような所に通い、初舞台は、小学5年生。実力派子役ミュージカル「アルゴミュージカル」では、倍率の高い主役を2回演じています。

1st関東立海のオーディションで柳生役を受けますが、体が大きすぎるとの理由で、落選。当時、身長182cm、体重85kgだったそうです。ダイエットを決意した大山真志は、食事制限と筋トレで、半年ほどの間に30kg落としたとのこと。3度目に受けた四天オーディションで、千歳千里役を射止めます。

千歳千里として、「テニスの王子様」の初舞台を踏んだのは、2009年8月。2010年5月まで、四天宝寺Bで千歳千里役を演じます。四天宝寺公演で、大山真志と試合をした手塚役の馬場良馬は、大山真志の歌唱力がとても高いので、かなり意識していたと、後日語っています。

スポンサーリンク

→真田丸!大谷吉継が患っていた病気とは?

デビューから7年半で100本以上の舞台をこなす実力派

「テニスの王子様」通称テニミュで俳優デビューを果たした大山真志。2011年には、舞台「信長」に主演しています。歌やダンスのレベルの高さに定評があり、幅広い役柄をこなせることから、出演した舞台の数は、デビューから7年半で100本以上とされています。

2016年9月17日から始まる、舞台「英雄の運命」でも、主演を務めることになっています。その中での代役決定。信政が「真田丸」に登場するのは、10月16日放送分からです。NHKは、演技力を重視して、代役を選んだと言います。

舞台好きの人の間では、大山真志の演技は、若手の中では頭一つ飛び抜けているというのが、定評です。その場で感じたことを、その場で自分の言葉と身体と表情で伝えられる、若手には珍しい表現力の持ち主と言われています。

2013年のミュージカル「冒険者たち~The Gamba 9~」で、大山真志は、別の舞台の本番があって、稽古に遅れて入ったとか。その時、「遅れをとってしまったという気持ちはあんまりなくて、みなさんと一緒に作っているという気持ちでやらせていただいてますね」と語っていました。

今回の代役も、気負うことなく、「真田丸」の一員として、本来の演技力を発揮してくれるものと、期待されます。

→真田丸!高畑裕太の代役は誰?真田信政とはどんな人物?

 - 登場人物


スポンサーリンク



《注目記事》U-NEXTで真田丸全話見逃し配信!無料で動画を視聴するのはコチラ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事