大河ドラマネタバレ考案速報

大河ドラマのネタバレ感想サイト!

*

真田丸!高畑裕太の代役は誰?真田信政とはどんな人物?


《注目記事》U-NEXTで真田丸が無料で見逃し配信中!

   

スポンサーリンク

自らの不祥事によって、いくつもの役にトラブルを生じさせている高畑裕太。「24時間テレビ」内のスペシャルドラマ「盲目のヨシノリ先生~光を失って心が見えた~」では、代役の小山慶一郎の好演が、評判になりました。

放送が危ぶまれたスペシャルドラマの代役が、無事に勤め上げたことで、次に注目を集めているのが、大河ドラマ「真田丸」で、高畑裕太が演じるはずだった役です。

takahatayuta

大胆予想は沖田総司を演じたこの人

高畑裕太が「真田丸」でキャスティングされていたのは、真田信幸の次男、信政役。放送予定は、10月16日以降とされており、すでに収録を1度は済ませていたと言われています。

代役は、いまだ発表されていませんので、高畑裕太の所属事務所から推薦されるのか、小山慶一郎の例にならって、ジャニーズ事務所が押してくるのか、さまざまな予想が立てられています。そうした、事務所の勢力を除外して、純粋に、「父役の大泉洋と並んだ時、映りが良いのは誰か?」という観点から、大胆に予想してみます。

イチオシは、永瀬匡。元ジャニーズで、現在は、研音に所属。1993年生まれの23歳。彫りの深い顔立ちと鍛えた肉体美を誇る男優です。

俳優デビューは、2011年の「桜蘭高校ホスト部」。その後、次々とドラマに出演し、大河ドラマにも登場したことがあります。2013年の「八重の桜」です。青木栄二郎役で、11月3日、10日放送分に登場しました。

最近のNHKでは、2016年6月10日放送の歴史秘話ヒストリア「新撰組 参上!」で、沖田総司役を演じています。「自分自身、武士の役をやらせていただくのは初めての体験だったので、すごくワクワクしていました。役者を目指すきっかけが、武士の役を見てだったので、夢が一つ叶い、とても嬉しく思っています!」とコメントを寄せています。

ちなみに、永瀬匡が俳優に憧れたのは、映画「ラストサムライ」を観てのことだったとか。夢を失った若者の代役に、夢を叶えた若者の飛雄を見てみたいものです。

スポンサーリンク

→徳川秀忠の正室・江を演じる新妻聖子とはどんな人?

徳川大名としての地位を築いた松代藩主

真田信幸の次男、信政は、1597年生まれ。母は、稲(小松姫)です。「真田丸」では、この後、信幸は、徳川家康につく決心をしますが、信政は、関ヶ原の戦いの際、徳川家康の人質になっています。

大坂の陣には、冬の陣、夏の陣ともに、父・信幸の名代として、兄の信吉と出陣しています。その後、1617年に大内記に任官。通称を、内記と称するようになります。1622年、父・信幸に松代のうち、1万7000石を分知されます。

1634年、兄の信吉が他界すると、その子・熊之助を後見します。しかし、熊之助は、5年後に夭折します。熊之助が夭折したことによって、信政は、沼田藩を継ぐことになります。

1656年には、父・信幸から松代藩真田家を家督相続。しかし、その2年後の1658年3月8日、父より先に世を去ることになります。享年、62歳。

その風貌は、大鋒寺に残されています。切れ長で、やや目尻の上がった鋭い目が印象的です。

→星野源演じる徳川秀忠と江の夫婦仲は?子供はどうだったのか?

 - キャスト


スポンサーリンク



《注目記事》U-NEXTで真田丸全話見逃し配信!無料で動画を視聴するのはコチラ!

Comment

  1. 知念くれあ より:

    そうなんですか~。
    よくわかりました~

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事