大河ドラマネタバレ考案速報

大河ドラマのネタバレ感想サイト!

*

徳川秀忠の正室・江を演じる新妻聖子とはどんな人?


《注目記事》U-NEXTで真田丸が無料で見逃し配信中!

   

スポンサーリンク

関ヶ原の戦いへと、一気に進んでいる『真田丸』。男たちの義のぶつかり合いの中で、寧の冷静な判断が、事を動かす静かな流れを作る様も、しっかり描いている三谷幸喜。

その三谷幸喜と舞台で一緒に仕事をした女優が、この度、『真田丸』に加わることが明らかになりました。新妻聖子です。

sanadamaru

演じるのは徳川秀忠の正室・江

8月20日に発表された新妻聖子の江役。江は、有名な浅井三姉妹の末娘です。秀吉の養女となり、文禄4年(1595年)9月17日、伏見にて、徳川秀忠に嫁します。江にとっては、3回目の婚姻でした。

初婚は、佐治一成と。この結婚は、離縁に終わります。2回目の結婚は、羽柴秀勝と。この結婚は、死別に終わります。そして、3度目に婚姻関係を結んだのが、徳川秀忠でした。

徳川秀忠との間に、江は、2男5女をもうけています。千姫、珠姫、勝姫、初姫、徳川家光、徳川忠長、徳川和子です。江は、徳川将軍御台所で、唯一、将軍の生母となった女性として知られています。ただし、その人物像については、確たる史料は、あまり伝えられていません。

小説やドラマで描かれる江は、もっぱら、美貌で、誇り高く、いささかヒステリック。時に、嫉妬深く、うっとうしいほどの印象を与える女性として描かれてきました。

これは、史料に基づくものというより、浅井三姉妹の一人ということから生じるイメージ、夫の徳川秀忠が、側室を持たない、当時としては異例な結婚生活を送ったことなどから、生まれた人物像というのが、妥当でしょう。

スポンサーリンク

→星野源演じる徳川秀忠と江の夫婦仲は?子供はどうだったのか?

舞台女優として人気の新妻聖子

『真田丸』で江を演じることになった新妻聖子は、もっぱら舞台での活躍が多い女優です。主な出演作品は、『レ・ミゼラブル』『ミス・サイゴン』など。現在は、『王家の紋章』に出演しています。

時代劇は、2007年のNHK『堀部安兵衛』以来、9年ぶり。大河ドラマは、初出演です。三谷幸喜とともに仕事をするのは、2011年に上演された舞台『国民の映画』以来。江を演じるにあたり、三谷幸喜からは、「暑苦しいくらい熱血の姉さん女房を演じてください」と言われたとのこと。

夫役の星野源とは、音楽番組で共演経験があり、早くも息が合っているそうです。偉大な父に追いつかず、悩む息子がしばしば描かれる『真田丸』で、秀忠も、家康に気の利かなさを叱られています。関ヶ原の戦いで、秀忠は、重大な失態を犯します。

父の偉大さに圧倒される秀忠を叱咤激励するのが、新妻聖子演じる江の役どころです。演じるにあたって、新妻聖子が注意しているのは、目つき、表情などとのこと。

「目力と距離の近さ、うるさいまでの表情に注目してください」と、力を込めて語っています。新妻聖子が登場するのは、9月4日放送分からです。

→星野源演じる徳川秀忠!為政者として能力を発揮した二代目の性格は?

 - 登場人物


スポンサーリンク



《注目記事》U-NEXTで真田丸全話見逃し配信!無料で動画を視聴するのはコチラ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事