大河ドラマネタバレ考案速報

大河ドラマのネタバレ感想サイト!

*

おんな城主 直虎に登場する徳川四天王の井伊直政はイケメンだった!


《注目記事》U-NEXTで真田丸が無料で見逃し配信中!

   

スポンサーリンク

今をときめくイケメン俳優、菅田将暉がキャスティングされたことで、急速に注目度を高めている井伊直政。徳川四天王の一人です。

武勇に秀で、「井伊の赤鬼」と称され、諸大名から恐れられた武将です。時代的には、『真田丸』にも登場しうる人物ですが、『真田丸』では未だにキャストは発表されていません。戦国時代きってのイケメン武将と言われる井伊直政。

そのイケメンぶりを示すエピソードをご紹介します。

iinaomasa

徳川家康と衆道関係にあった

井伊直政が、当時、際立ったイケメンだったことは、公文書にも記されています。江戸時代の公式記録『徳川実紀』には、井伊直政について、「容姿美麗にして心優にやさしければ、家康卿親しく寵愛し給い」と記されています。

「親しく寵愛」した実態は、衆道関係だったとするのが、今日の定説です。戦国時代は、男色が、精神的な意味合いを持つ、男性同士の結びつきとして理解され、ひとかどの武将ならば、男色に嗜みがあるのが、普通のことでした。

男色に関心を全く示さなかったとされるのは、豊臣秀吉くらいでしょう。徳川家康も、衆道の話題は少ない方ですが、唯一、関係が指摘されるのが、井伊直政です。

井伊直政の元服は、22歳。当時としては、かなり遅い方です。遅すぎる元服は、家康が直政を召し抱え、傍から離したがらなかったためだろうと言われています。

井伊直政は、関ヶ原の戦いで先鋒として働き、鉄砲によって負傷します。

その後、石田三成の旧領であった佐和山城主となります。しかし、その2年後、関ヶ原の戦いで負った傷が原因で、破傷風を患い、亡くなります。享年、42歳。

早すぎる死は、石田三成の祟りではないかと噂されます。噂を耳にした家康は、激怒し、三成関連の建物を全て破壊させています。

スポンサーリンク

→おんな城主 直虎で菅田将暉演じる井伊直政はどんな人物?

真田丸では登場しないのか?

『真田丸』では、真田家の人たちの視点を重視しています。

例えば、戦国時代の大きな転換点になった、本能寺の変は、燃え盛る炎の中に甲冑が置かれているシーンだけです。真田家の人たちが、直接見聞きすることがなかった事件ということを、画面を通して伝えるためと言われています。

真田家の人たちとの関わりという点で考えるなら、井伊直政が登場してもおかしくない状況は、身近に迫っています。関ヶ原の戦いの戦後処理です。

関ヶ原の戦いでは、真田家は、2つに分かれます。昌幸と信繁は、三成方につき、信幸は家康方につきます。戦いは、家康が勝利し、信幸は、父と弟の助命嘆願に奔走します。

この時、信幸を助けたのが、徳川四天王の2人でした。舅の本多忠勝は、愛娘の婿のためにとりなしました。もう1人、信幸の能力を買って、信幸のために助命活動に力を貸したのが、井伊直政でした。

井伊直政は、家康の伊賀越えに付き従った34人のお供の1人でした。

また、家康が秀吉に臣従する前に、家康の元に人質として送られた秀吉の母・大政所の世話を丁寧にしたことも、知られています。その丁寧な接待ぶりと、直政のイケメンぶりに、大政所はいたく感心したと言われています。

そうした状況を描く際、あえて登場させなかった井伊直政。『真田丸』で登場するのか、しないのか、気を揉む大河ファンは、少なくありません。

ちなみに、『軍師官兵衛』では、東幹久が、直政を演じていました。

→柴咲コウ演じる井伊直虎とは一体どんな人物なのか?

 - 登場人物


スポンサーリンク



《注目記事》U-NEXTで真田丸全話見逃し配信!無料で動画を視聴するのはコチラ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事