大河ドラマネタバレ考案速報

大河ドラマのネタバレ感想サイト!

*

真田丸!細川忠興と細川ガラシャの関係!細川忠興とはどんな人物?


《注目記事》U-NEXTで真田丸が無料で見逃し配信中!

   

スポンサーリンク

ガラシャの夫・細川忠興は文武両道の武士でした。織田信長に仕えて武功を挙げ、戦国一の名将と呼ばれていました。

しかも忠興は、戦国時代一の教養の持ち主だったとされる父、細川幽斎の影響を受け、かなりの文化人でもありました。このことは、千利休に師事し、利休七哲の一人にも数えられたことからも分かります。

sanadamaru

ここまでみるとなんと立派な男だろうと感心してしまいますが、信長の紹介でのちにガラシャとなる明智玉と結婚したことで彼は嫉妬と束縛の鬼へと変貌していくこととなります。

信長の勧めで結婚した当初は、二人は本当に仲の良い夫婦だったそうです。実はあまり知られてはいませんが、忠興もガラシャに負けず劣らずの美男だったようで二人は戦国きっての美男美女夫婦であったと言われています。

そして結婚の翌年には長女が生まれ、そのまた翌年には長男が生まれています。

また、妻を心底愛する忠興も側室は置かなかったため本当に仲睦まじく生活をしていたと考えられます。

しかし、本能寺の変で状況は一変してしまいます。この件で“逆臣の娘”となったガラシャは幽閉されてしまうのです。

でも、この時代の常識からすると、ガラシャは離縁もしくは最悪の場合、自害という残酷な現実が待っているはずでしたが、忠興は愛する妻を手放すことはせず幽閉するだけにとどまりました。

秀吉の時代となり幽閉が解けて大阪の屋敷へと戻ってきてからは、忠興のガラシャへの束縛が酷くなります。しかも四六時中監視するという徹底ぶりでした。

この頃からガラシャも精神的に追い込まれため、本格的に離縁も考えていたらしく彼女も病んでいくのですがそれを食い止めたのがキリスト教だと言われています。

そこでそんな忠興の狂気ぶりがよく分かる逸話を紹介します。

スポンサーリンク

→真田丸・細川ガラシャ容姿の絵!子孫や末裔は?

ある時、庭師が剪定をしていたところにガラシャが通りかかり、忠興が「今妻に色目を使っただろう」という理由でこの庭師を手討ちにしてしまいました。

そして血のついた刀をガラシャの小袖で拭いたのです。

しかし、本当に驚くのはこの忠興の行為ではなく、それに対するガラシャの反応だと思います。ガラシャは怖がりもせず、その小袖を数日着続け、逆に忠興を震えさせたというのです。

そのようなことが繰り返され、ますますキリスト教にのめり込むガラシャでしたが、キリスト教弾圧が強まる中でキリスト教の洗礼を受けたことが忠興に見つかってしまいます。

しかし、この間にも、二人の間には次女と三男そして三女が生まれています。二人の間には、合計で五人の子供がいた事になります。

秀吉の没後、徳川家康側についた忠興は関ケ原の合戦で正室を人質にする作戦を決行しようとしていた石田三成の裏をかいて、「もし敵側に人質としてとられるようなことがあれば迷わず自害しろ」とガラシャに命じて戦へと出陣していきました。

予想通りガラシャは人質になるよう三成側から迫られますが、ガラシャはこれを拒否し城の女性や子供たちを逃がした後で家臣に「潔く夫の命に従い私は死につこうと思います」と述べて38年の生涯を閉じました。

この際キリスト教では自害はできないことになっているため、家臣に槍で胸を突かせたという話が残っています。戦場で妻の悲報を聞いた忠興はその場に泣き崩れたとも言われています。

その後、忠興は忌み嫌っていた教会で、ガラシャの葬儀をキリスト教式で執り行ってあげるのでした。

→橋本マナミ演じる細川ガラシャ・玉とは?辞世の句の意味を紐解く!

 - 登場人物


スポンサーリンク



《注目記事》U-NEXTで真田丸全話見逃し配信!無料で動画を視聴するのはコチラ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事