大河ドラマネタバレ考案速報

大河ドラマのネタバレ感想サイト!

*

真田丸・細川ガラシャ容姿の絵!子孫や末裔は?


《注目記事》U-NEXTで真田丸が無料で見逃し配信中!

   

スポンサーリンク

細川ガラシャ(たま)は、明智光秀と母・煕子の三女として生まれました。

1578年、織田信長の仲介によって家族ぐるみで仲の良かった細川家の忠興のもとに嫁ぎます。夫とは夫婦仲が良く三男二女に恵まれましたが、父・光秀が本能寺の変を起こしたことで状況は一変しました。

たまは、丹後の山奥深くに幽閉されることになったのです。

nagasawamasami

その後、父が死に、秀吉が天下に号令をかける段階になると、たまも幽閉を解かれ夫のもとに帰ることが出来ました。

しかし、忠興の愛情は次第に偏執的なものに変わり、たまを軟禁します。

たまは、さまざまな苦悩からキリスト教へ心を惹かれるようになります。そして、忠興が居ない隙に侍女たちと共に洗礼を受け、改宗しました。忠興はこれを知って激怒しました。

その後、秀吉死後に石田三成が挙兵すると、諸将の妻子を人質に取らんとして石田軍が細川屋敷に攻め入って来ます。

ガラシャは人質となることを拒み、屋敷に火を放って自害するつもりでしたが、キリスト教において、自さつは罪であるため、家臣の小笠原小斎に自分を刀で刺すように命じました。享年38でした。

この「ガラシャ」という名前はキリスト教に改宗した際に付けられた洗礼名で、スペイン語の”Gracia”あるいはラテン語の”gratia”であり、「恩恵」「恵み」の意味を持ちます。

聖母マリアへの祈祷『アヴェ・マリア』などに登場する文句です。多分今風に読むと「グレーシア」になるでしょう。

→橋本マナミ演じる細川ガラシャ・玉とは?辞世の句の意味を紐解く!

細川ガラシャの容姿の絵

戦国最大の美女とも言われる、細川ガラシャは、本当に美人だったのか?顔や容姿の絵などは残っていないのか?

まあ、当時は写真がなく肖像画などの容姿の絵も残っていないので、はっきりとはわかりません。

しかし、彼女が超美人だったと言われる逸話が残っているので紹介していきます。

細川ガラシャが美人すぎるゆえ、夫の忠興は狂気と言えるほどの嫉妬心を連発しています。有名なのが、他の男達にみせたくないので、ガラシャを家の中に軟禁したことです。

庭師がガラシャの美貌に見惚れているところを見て、庭師を斬ってしまったこともありました。

また、ミスをした奉公人を忠興は怒ります。ガラシャがかばったことで忠興はますます怒り、奉公人を叩き斬り、首をガラシャに投げつけたのです。

ちなみに、ガラシャの夫・忠興もかなりの美男子だったそうで美男美女夫婦と言われていたそうです。

スポンサーリンク

→真田丸!春(竹林院)の年齢は?松岡茉優の演技は下手なのか?

細川ガラシャの子孫

石田軍が細川屋敷に攻め入って来たときガラシャは自害したと言われていますが、細川忠興とガラシャの子供、当時の嫡男だった長男・忠隆の正室・千代は石田軍に攻め入られたときに脱出しました。

それに怒った忠興は長男の忠隆を廃嫡して側室の産んだ忠利を家督に据えました。この忠利の流れにつながるのが、元首相・細川護熙です。

廃嫡された長男・忠隆の流れにつながるのが、政治評論家の細川隆元と甥の隆一郎で、ガラシャの血脈を現代に伝えています。

→真田丸!きり(長澤まさみ)は実在した?

 - 登場人物


スポンサーリンク



《注目記事》U-NEXTで真田丸全話見逃し配信!無料で動画を視聴するのはコチラ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事