大河ドラマネタバレ考案速報

大河ドラマのネタバレ感想サイト!

*

真田丸第28話 受難の感想!秀次ロス


《注目記事》U-NEXTで真田丸が無料で見逃し配信中!

   

スポンサーリンク

伏見城の普請を任された真田の父はやる気がなく、信幸の気持ちも考えることなく、内密でお前がやれ、と言い渡します。

薫は公家の出だと偽って素知らぬ顔でごまかそうとしますが、稲は疑っているようです。

そして秀次への謁見の場面、薫が実家だと言う菊屋の名前が出たとき、秀次が嬉しそうに話に食いつきます。

嘘がばれないように、ごまかそうとして取り繕う薫を後ろでにらみつけるような視線を送る稲がいました。

ここでの登場人物の演技が面白かったです。

高畑淳子さんの演技はさすがうまいです。声の強弱や速度で感情を表し、ごまかして逃げるときの仕草はお茶目でしたね。

sanadamaru28

稲vsおこう

真田の家で起きたことを徳川に知らせる役目がある稲は、薫が公家の出だと言うのはうそだと手紙を書きます。そこに、現れたおこうが手紙を破り捨てました。

あなた、旦那様の元の奥方でしょ、知ってるのよ!と問い詰められても平然と「私は真田家をお守りするだけです」と答えました。

別れた妻といっても、正室に対して侍女のできることではないでしょうが、今回の大河ドラマは歴史上のことだけでなく、私たちにも起こり得る日常がリアルに描かれていて面白いですね。

おこうがますます強くなっていました。

→真田丸!長野里美演じる信幸の妻おこうの今後は?史実ではどうなる?

秀次の失踪

関白として頑張っていた秀次は重圧に耐えきれなくなったのか大坂城から、さらに高野山に逃げだしました。

おびえている秀次をきりは叱咤し、殿下に謝ることを進めますが「うっとうしい」と言いながら、きりを抱きしめます。

何もかも捨てて甘えたかったのでしょう。

秀次の性格をよく知る寧は「人にはもって生まれた器がある。あの子には荷が重すぎる」と言いますが、秀吉は「あれは唯一の身内だ」と残念がります。

身内だからこそ立派に育ってほしかったという愛情もあったのですね。

そんな2人に対し、情のない茶々は自分の産んだ拾を守ってもらうために秀次にはいてほしいと言いました。

スポンサーリンク

→豊臣秀吉は茶々と寧どちらを愛していた?史実ではどうだったのか?

振り回されて生きる

信幸は、自分も振り回されて生きてきたから秀次の気持ちがわかると慰めます。あまりに大きすぎる父、病弱な妻と心を開かぬ2度目の妻、恐ろしい舅、この4人にいつも気兼ねをして生きてきたと。

自分の気持ちを話したことではすっきりした信幸は、自分はつまらぬみえや無用な意地を張っていたと口にします。

そして、兄弟は酒を酌み交わしお互いを思いやりました。

でも、秀次はそう簡単なことではすみません。

秀吉に怒られるのが怖かったのか、自ら切腹して最期を遂げました。これ以上振り回されて生きるのは嫌だったのでしょうか。

しかし、自分の弱さ故に守れなかった家族たちがいました。その後秀吉の命令で妻、側室、子供、侍女などの30人余りが処刑されることになったのです。

きりを側室にする話はなかったことにする、と信繁に伝えたのが、唯一の救いでしたね。

→豊臣秀吉が天下統一を叶えられた理由!流れを追ってみた!

信繁の結婚

秀吉の命令で大谷刑部の娘、春を正室に迎えることになった信繁は秀次の生き残った娘たかを助けるために一計を案じました。

前から妻にしたかった娘だと理由をつけて春と結婚すると同時に、たかを側室に迎えたいと秀吉に申し出たのです。

最後に自分を守ってくれた秀次のことを思い、涙を流していたきりは信繁の話を聞いて「何よー!」と叫びました。

ずっと思いを寄せている源二郎を恋敵のうめにとられ、またまたほかに人に・・・きりの心にある、どうしようもない苛立ちの叫びでしょうか。

最後にいよいよ大物俳優、松本幸四郎演ずるルソン助左衛門が登場し、「力を持つと人は変わる」の言葉が印象に残りました。

→豊臣秀次の最後は?側室30人も道ずれの悲劇!?

 - 感想


スポンサーリンク



《注目記事》U-NEXTで真田丸全話見逃し配信!無料で動画を視聴するのはコチラ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事