大河ドラマネタバレ考案速報

大河ドラマのネタバレ感想サイト!

*

真田丸!きり(長澤まさみ)は実在した?


《注目記事》U-NEXTで真田丸が無料で見逃し配信中!

   

スポンサーリンク

きりは実在した人物がモデルです。

このきりのモデルとなっていると思われる人物が、高梨内記の娘です。この女性は、真田信繁の側室となり信繁との間に長女・於市(早世)、次女・阿梅をもうけています。尚、信繁の正室は大谷吉継の娘である春(竹林院)です。

nagasawamasami

高梨内記の娘

この「高梨内記の娘」は実在の人物ですが、高梨内記の娘の本当の名前は分かっていません。

この高梨内記の娘のことを「きり」ではなく、采女(うねめ)という名前だったとも言われますが、采女とは、固有名詞ではなく、宮廷で高貴な人のお世話をする女性が元の意味です。

しかし、豪族の娘で美人が選ばれることもあり、一般の男からすると憧れの女性という意味で使われることもあったようです。

「采女」というと、おしとやかな女性をイメージさせることもあるようなので、大河ドラマ・真田丸で活発な女性に描かれる「きり」にはふさわしくないような気もします。

また、高梨采女が真田信繁に付いて大坂城に行ったという記録がありますが、行ったのは高梨内記のみだという説もあります。

采女は平安時代の役職の名前でもあるのです。戦国時代の武士には役職名を名前にする習慣があったのです。

でも、高梨内記の娘であるきりも一緒に行ったのかもしれません。ドラマではきりも大坂城に行くことになります。

この時代の女性の名前はよほど有名人じゃないと記録には残らないのです。「きり」という名前は「大河ドラマ・真田丸」の創作です。

きりの父親・内記は真田昌幸の側近として仕え、真田家中をまとめていました。ドラマでも第一話から出ています。真田家が昌幸・信繁と信之とに分かれたときには昌幸・信繁側に従いました。九度山に幽閉されたときも、大坂の陣でも一緒です。

そんなわけで、きりは子どものころから信繁とは知り合いだったようです。

スポンサーリンク

→真田丸!長澤まさみ演じるきりの最期はどうなる?

きりとの婚姻

信繁ときりが、いつ婚姻関係を結んだかは分かっていません。

大谷吉継の娘が正室になった後に側室になった可能性もありますし、その前から側室になっていたという説もあります。

信繁は16歳で上杉に出て人質生活をしていたので、その間に上田にいる高梨内記の娘と婚姻関係を結ぶのは難しかったと思います。

いずれにしろ、きりは九度山に付いて行きました。山での幽閉生活は厳しかったようですが、そんな中で信繁を支え続けたのでしょう。側室になり、二人の間には子供が生まれます。

きりについては記録が少ないのでどんな人だったかはよく分からないのです。

九度山でなくなったという説もありますが、信繁が大坂城に行った時にも付いていって落城と共に亡くなった可能性もあります。記録がないのでなんともいえません。

大河ドラマの説明では、「生涯のパートナー」という現代的な表現をされています。側室というと二番手のイメージをもたれてしまうので、ヒロインの表現としてはふさわしくないと考えたのでしょう。

ドラマでは大坂城まで共に行くことになるでしょう。

→信繁をめぐる2人の女性!きりと梅の今後は×××!

 - 登場人物


スポンサーリンク



《注目記事》U-NEXTで真田丸全話見逃し配信!無料で動画を視聴するのはコチラ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事