大河ドラマネタバレ考案速報

大河ドラマのネタバレ感想サイト!

*

真田丸第26話 瓜売の感想!きりと秀次!きりの本当の気持ちは!?


《注目記事》U-NEXTで真田丸が無料で見逃し配信中!

   

スポンサーリンク

源三郎は相変わらずの人の好さ、不器用さであたふたしていました。怖い舅様 本田忠勝からの飲みに誘われたが、行かないと仁王様のように怒り出すに違いない。

一方、加藤清正からの誘いも出ないわけにはいかず、どっちもはっきり断れません。舅の前で、ちょっとだけ飲んで腹が痛いと嘘をついて退席し、あわてて清正の酒宴に。ちょっと顔を出すつもりが、大勢の女性が乱入し無理やり飲まされてしまいます。

酒の匂いを気にして、手のひらにハーハーと息を吹きかけたり、女性の匂いを消そうと着物をパッパッとはたいたり、慌てている仕草が面白かったです。

sanadamaru26

きりと秀次

秀吉が太閤殿下になって秀次は関白に、これまで気弱だったのに振る舞いも言動もそれなりにシャキッとなっていきました。

きりに自分のすべてを見せるのだと、多くの側室を並べた部屋に連れて行って、たかという成長した娘にも会わせます。そのうえで、自分を側室に迎えたいと告げられたきりは父に相談すると言いました。

側室と聞いただけで父は怒りましたが、関白からの話だと聞いてあわてます。でも、かえってきりは断る決心を固めることができました。

強く見えた秀次ですが、微妙な立場は変わりがなく、茶々が2度目の懐妊したことがわかると、一変して不安になってしまいます。自分の力でここまで来たわけではなく、すべて秀吉によって上がったり下がったりの立場ですから無理はありませんね。

広い部屋の中でおびえた様子の秀次に、きりは本当の気持ちが言えなくなってしまいました。

スポンサーリンク

→真田信繁と黒田官兵衛はどちらが優秀な武将なのか?

仮装大会

みんなを楽しませようと秀吉が計画した「やつし比べ」ですが、そこでも権力者の前で繰り広げられる人間模様が見られました。真田の父上は瓜売をすると決め練習に励みましたが、徳川は?秀吉は?

現代のように意見をすり合わせるということはできません。相手を探るため佐助が動きます。

すると秀吉とかぶっていることがわかって、真田側の面々は真っ青。源二郎が父上は本当にお上手ですと感心していましたが、秀吉はそれに比べると見劣りします。

これは大変!殿下に恥をかかせるわけにはいかないと相談します。出浦の「しびれ薬を飲ませるか」の言葉はまさにしびれましたね。その時の源二郎はビビッていました。

結局、仮病で昌幸が欠場して、秀吉が一等賞になり一件落着。秀吉の前で周囲のみんなは、おべっか使っていましたが陰では冷ややかな表情が見え隠れしていました。

家康は、満面の笑みで太閤殿下はさすがお上手です!と言ってましたが、心の中では、やれやれ、やってらんねーと言ってるようでした。

→真田丸!伊達政宗役の長谷川朝晴は何故がっかりと思われるのか?

ばばさまとの別れ

危篤の知らせを聞いて、真田一族がばば様の寝床を囲みました。母を元気づけようと、昌幸は瓜売を披露しますが、ひと言「うるさい」と言われてしまいました。最後まで気丈な母ですね。
その後、寝床から起き上がり源二郎、源三郎の2人を連れて窓の外を見ながら最後の言葉を言いました。亡くなる前に、いくら支えてもらったとしても、しっかり立ち上がって、あんなに強い口調でしゃべれるか?と思いましたが戦国時代の女性の強さなのでしょうか。

「己が定めに気づくか、気づかぬか」自分の生きる使命を知り、それに徹して生きることが大事だということでしょうか。

→真田丸27話のネタバレと今後の予想展開!秀吉と秀次の不仲

 - 感想


スポンサーリンク



《注目記事》U-NEXTで真田丸全話見逃し配信!無料で動画を視聴するのはコチラ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事