大河ドラマネタバレ考案速報

大河ドラマのネタバレ感想サイト!

*

裏切り者!小早川秀秋の性格は?どんな人物だったのか?


《注目記事》U-NEXTで真田丸が無料で見逃し配信中!

   

スポンサーリンク

1582年 木下家定(寧の兄)の5男として近江国の長浜に生まれます。秀吉に長い間、子供が出来なかったので秀吉の養子となり、秀次に次ぐ後継者の一人として優遇されます。

kobayakawahideaki

小早川秀秋の性格

小早川秀秋の性格は武将というより、文化人に近く、芸事を得意としていました。そのため、武芸を磨くというよりは、蹴鞠などの遊びに熱中していました。

若い時から酒を呑み、深酒をして自堕落な生活をして寧を心配させていました。よく出てくる秀秋の肖像画を見ても頼りないお坊ちゃんにしか見えません。

このような秀秋ですが、秀吉は自分の親族として重用し、後継者候補として丹波亀山に10万石を与えます。

しかし、茶々に秀頼が生まれると状況が一変します。秀秋が邪魔になった秀吉は、秀秋を毛利輝元の養子にすることにしました。この養子計画は、毛利家の乗っ取り計画も兼ねていました。

しかし、この策略に気付いた毛利輝元の家臣の小早川隆景が自分の養子に貰いたいと進言しました。このように愚鈍と噂される秀秋を養子に貰うことで、毛利家を守った小早川隆景でしたが、後に秀秋が当主になった結果、小早川家は名前を消すことになってしまいます。

スポンサーリンク

関ケ原の戦い

関ケ原の戦いの前、秀秋は、京都にいた寧に東軍、西軍のどちらの軍勢につくべきかを相談しています。そこで、寧は東軍に付く様、アドバイスしました。

もちろん、これだけが東軍に付いた理由ではないかもしれませんが、愚鈍と評される秀秋のことなので寧の一言で決断したとしてもおかしくありません。

石田三成や大谷吉継は、この動きを察知して、秀頼が大人になるまでの間、関白になって欲しいと伝え、秀秋を西軍に繋ぎ止めようとします。

しかし、秀秋の心は変わることなく、関ケ原の戦いの最中に西軍を裏切り、大谷吉継の軍隊に攻めかかっていきました。

この裏切りにより、関ケ原の戦いの大勢は決し、夕刻までに西軍は壊滅しました。

→小早川秀秋の死因は呪いなのか?子孫は存在するのか?

小早川秀秋の死

関ケ原の戦いで、東軍勝利のきっかけを作った秀秋は、論功行賞で岡山55万石を与えられます。

しかし、岡山に入ってから、長年小早川家を支えた家老が出奔し、秀秋は以前より増して酒におぼれるようになりました。

関ケ原の戦いで攻撃した大谷吉継だけでなく、西軍を裏切ったことで、多くの者から恨みを買っていた秀秋は、吉継や石田三成の幻を見て、精神がおかしくなり、関ケ原の戦いから2年後に半狂乱になって亡くなりました。

秀秋の死によって小早川家は改易となり、秀吉の五大老まで務めた小早川家は戦国の世から名前を消すことになってしまいました。

→浅利陽介演じる小早川秀秋!関ヶ原の戦いで裏切りを行った3つの理由

 - 登場人物


スポンサーリンク



《注目記事》U-NEXTで真田丸全話見逃し配信!無料で動画を視聴するのはコチラ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事