大河ドラマネタバレ考案速報

大河ドラマのネタバレ感想サイト!

*

真田丸29話のネタバレと今後の予想展開!落ちぶれ行く豊臣秀吉


《注目記事》U-NEXTで真田丸が無料で見逃し配信中!

   

スポンサーリンク

秀次が死んだ後、秀吉は政治の拠点を伏見に移し、信繁は秀吉との約束通り大谷吉継の娘・春を正室として迎えました。

春は人懐っこい性格で、その性格が亡き梅に似ていました。信繁は未だに梅の事が忘れられない事を春に告白し、春も信繁に対して理解を示しました。

sanadamaru29

豊臣秀吉の老化

深夜、信繁は三成から呼び出されます。秀吉が寝小便をしてしまったからです。

さらに、最近は、何度も同じことを言うようになったり、理性が利かなくなっているため、三成と信繁は不安になっていました。

また、秀吉自身も自分の変化に対して、すっかり自信を無くしているようでした。弱気になった秀吉は、拾が元服するまでは関白を置かず、三成ら奉行衆により政治を行うことを命じました。

一方、昌幸は、伏見城の普請場に全く行かず、遊郭に行き、吉野太夫と遊んでいました。この昌幸の行動には、信幸が困り果て、出浦や佐助も失望していました。

そんな時、きりが、普請場に昌幸がいなかったと口を滑らせてしまい、薫にばれてしまいます。その夜、薫は信幸を執拗に問い詰めます。

そして、精神的にまいった信幸は、癒しを求めて侍女になっていた こうを抱いてしまいます。そのことに気が付いた稲は信幸に怒りをぶつけますが、結果的には二人は結ばれます。

そうして、こうも稲も懐妊したことがわかりました。

スポンサーリンク

→豊臣秀吉は茶々と寧どちらを愛していた?史実ではどうだったのか?

豊臣秀吉の落ちぶれ

秀吉は、寧が作った生せんべいやビスケットを「まずい」「あぶら臭い」と言って放り捨ててしまいます。

秀吉の状況に危機感を感じた三成は、秀吉に関白を置かず奉行衆が政治を行うことを家康に伝えるよう、進言しました。そのことを了承した秀吉でしたが、家康には、政治は家康を中心とした大名達の合議で進めて欲しいと言い出し、三成を驚かせます。

そこで、三成と信繁は、吉継の元へ相談に行きますが、吉継の病状は良くないらしく、首に布を巻き皮膚の赤みを隠している状態で、体は意のままに動かなくなっていました。

同じころ、きりは細川家の屋敷を訪れ、細川忠興の妻・玉(ガラシャ)と会いました。

そして、秀次からもらったテンペラ画には聖母マリアが描かれていることを玉から聞かされ、きりのお守りとして秀次が授けたということを知ります。

ある日、ついに、昌幸の行動を怪しんでいた薫は、事の真相を話すよう詰め寄ります。

しかし、昌幸は、まったく相手にせず、適当に聞き流しました。

そこへ、信幸から伏見城の図面を見せられると、鋭い顔つきに戻り、守りの要を本丸ではなく、木幡山の出城に置くことで難攻不落の完璧な城を築くことに意欲を見せます。

→宇喜多秀家が豊臣秀吉の養子になった理由!子孫や末裔は八丈島にいる?

忍び寄る最期

一方、伏見城では、秀吉が家康に対して、政治を大名達の合議で決める様に、再び命じていました。同じ話を2度聞かされて不思議がる家康を三成や信繁がごまかしました。

秀吉は、信繁に「死にたくない」と本音を漏らし、残り少ない人生を出来るだけ拾と一緒に過ごしたいと望みますが、茶々は惨めな父の姿を拾に見せたくないと言って拒みました。

そんな中、マグニチュード8とも言われる慶長伏見大地震が襲い、完成間近だった伏見城が倒壊します。伏見城の倒壊は秀吉に最後の時が忍び寄っていることを暗示しているかのようでした。

→豊臣秀吉の妹、旭姫のその後は?家康との関係は?

 - ネタバレ・予想考案


スポンサーリンク



《注目記事》U-NEXTで真田丸全話見逃し配信!無料で動画を視聴するのはコチラ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事