大河ドラマネタバレ考案速報

大河ドラマのネタバレ感想サイト!

*

真田丸27話のネタバレと今後の予想展開!秀吉と秀次の不仲


《注目記事》U-NEXTで真田丸が無料で見逃し配信中!

   

スポンサーリンク

秀吉と茶々との間に生まれた子は、鶴松の「捨」を逆にした「拾」と名付けられました。

再び子供が生まれた秀吉は喜びますが、関白の秀次はしだいに孤立していきます。

そんな秀次を秀吉は心遣い、信繁を秀次に仕えさせます。

ある日、秀次は秀吉に言われます。日本を5つに分けた1つの九州を拾にやってほしいと頼むのです。

その言葉に秀次は自分が秀吉に信用されていないのではないかと疑心暗鬼になってしまいます。

一方、きりは、信繁に秀次の側室の話を相談したところ、信繁の態度はつれなく、傷つきました。

sanadamaru27

秀吉と秀次の不仲

秀吉と秀次の不仲が噂されるようになり、秀吉もそのことを気にして、秀次の1歳になる娘を拾に嫁がせることを決めます。

しかし、秀次は大事なことを勝手に決める秀吉に不信感を持ち始めるのです。そこで、秀次の弟・秀保が一計を案じ、能が好きな秀吉の前で能を披露しました。

しかし、「関白はもっとほかにやることがあるだろう」と秀吉は激怒します。やがて、夜になり、夜桜を見ながらの宴が始まります。

この場で、秀吉は、信繁に官位を与えたいと話しますが、信繁は兄を差し置いて官位を受けることは出来ないと丁重に辞退します。

それを聞き、秀吉が怒り始めると、秀次が割って入り、官位を授けるのは関白の務めなので、信繁に官位を与えるかどうかは自分が決めると主張しました。

この主張に秀吉がたくましさを感じ、喜びます。

スポンサーリンク

→豊臣秀次の最後は?側室30人も道ずれの悲劇!?

信幸と信繁への官位

秀次の決定により、信幸と信繁に官位が授けられました。

しかし、信繁の口添えがなければ信幸の官位はなかったと秀吉が口を滑らせてしまい、信幸のプライドは大きく傷ついてしまいます。

しかもこの事は、昌幸も知っていたことであったため、信幸は疎外感にさいなまされるのでした。

この後、昌幸は秀吉から伏見城の普請を命じられますが、信幸の機嫌取りも兼ねて、この役目を信繁に押し付けます。

そんな信繁を訪れて伏見城の図面を見た秀次は秀吉が伏見城で政務をすると勘違いし、自分は不要なのかと落ち込んでしまいます。

そのような中、長らく病床にあった秀次の弟・秀保が17歳の若さで他界してしまいました。

一方、鶴松を3歳で亡くした秀吉は、拾が3歳となったこの年を不吉な年だと感じていました。

そんな年に亡くなった秀保を許さず、秀保の葬儀に豊臣の者の参列を認めませんでした。

この冷たい仕打ちに対して、秀次は、ますます不安を膨らませていきます。

→真田丸26話のネタバレと今後の予想展開!秀吉の明国攻め

 - 感想


スポンサーリンク



《注目記事》U-NEXTで真田丸全話見逃し配信!無料で動画を視聴するのはコチラ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事