大河ドラマネタバレ考案速報

大河ドラマのネタバレ感想サイト!

*

真田丸26話のネタバレと今後の予想展開!秀吉の明国攻め


《注目記事》U-NEXTで真田丸が無料で見逃し配信中!

   

スポンサーリンク

秀吉は秀次に関白の座を譲り、自らは太閤となり、政の一線から引き下がります。
住む場所も大阪城に変え、聚楽第は秀次に譲ったのです。

そして、秀次は、きりに対して改めて側室になってほしいと自分の気持ちを伝えました。これに対し、きりは父親に相談したいと返答します。

sanadamaru26

豊臣秀吉の明国攻め

その頃、秀吉は、明国攻めを始めようとしていました。肥前に名護屋城を作り、全国の大名から多くの兵力を集め、真田家からも、昌幸、信幸が集まります。

いよいよ朝鮮出兵が開始され、先鋒の加藤清正らが出兵し、破竹の勢いで進撃を続けます。名護屋城に着陣した秀吉は、朝鮮に出兵したいと言い出しますが、身を案じた家康や三成に引き留められます。

この時、秀吉に名護屋城に呼ばれていた茶々と散歩していた信繁は、後に正室となる大谷吉継の娘・春と出会うのです。

一方、きりは秀次から側室になってほしいと言われたことを、父の高梨内記に相談しました。

父から真田の子を産んでほしいという願いと聴くと、きりの迷いはなくなりました。聚楽第に戻ったきりは、秀次に子供が生まれることを聞きます。その時期を同じくして、名護屋城に来ていた茶々が懐妊したことも分かります。

この事態に対し秀次は不安を覚えます。もし、茶々が男児を出産した場合、自分が邪魔になるのでは?と考えたのです。

しかし、秀次の子どもは2ヵ月後に亡くなってしまいます。秀次はきりに「子どもがなくなったとき、ほっとした。これで秀吉ににらまれずにすむ」と話しました。

その様子を見たきりは、秀次にかける言葉もありませんでした。

また、朝鮮の日本軍は、秀次の弟・秀勝が命を落とすなど、苦戦を強いられていました。この辛気臭い雰囲気を変え景気づけたいと思った秀吉や豊臣の家臣たちは、仮装大会を行うことにしました。

昌幸、信幸、家康らの大名達が参加しましたが、昌幸は自分の変装が秀吉と同じものであることが分かり、秀吉に花を持たせるために大会に出ることを辞退します。

結果、仮装大会は、秀吉が優勝しました。

スポンサーリンク

→豊臣秀吉は茶々と寧どちらを愛していた?史実ではどうだったのか?

とりの最期

そんな最中に、上田にいるとりの具合が悪いとの書状が、信繁の元に届きます。朝鮮出兵の戦況が思わしくない中、言いにくい状況でしたが、信繁は見舞いに行きたいと秀吉に申し出ました。

秀吉は、信繁の申し出に理解を示し、見舞いに行くことを許すのでした。

そして、上田では、枕元に昌幸、信幸、信繁がいる中、とりは残る力を振り絞り信幸と信繁に言います。「これからは、お前たちの時代だ。真田の家を守れ。」と。

その後、とりは、みんなに看取られながら生涯を閉じました。その2日後に茶々が男児を出産し、大阪城には秀吉の歓喜の声が響いたのです。

→真田丸25話のネタバレと今後の予想展開!利休への不信と鶴松との別れ

 - ネタバレ・予想考案


スポンサーリンク



《注目記事》U-NEXTで真田丸全話見逃し配信!無料で動画を視聴するのはコチラ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事