大河ドラマネタバレ考案速報

大河ドラマのネタバレ感想サイト!

*

真田丸25話のネタバレと今後の予想展開!利休への不信と鶴松との別れ


《注目記事》U-NEXTで真田丸が無料で見逃し配信中!

   

スポンサーリンク

北条氏を征伐したことにより天下統一を果たした秀吉は絶頂期を迎えていました。茶々との間に生まれ「お捨」と名前を付けた我が子を「鶴松」と改名します。

しかし、鶴松は重い病にかかってしまいます。

信繁は淀城で見舞客の対応をしていましたが、鶴松は今夜が山だと内密に教えられるのです。周囲には千利休の祟りで重い病気にかかったのではないか、という噂が広がっていました。

これからは、過去を振り返ります。

sanadamaru25

利休への不信

前回、信繁は秀吉の命により、小田原城に潜入し北条氏政の説得にあたりました。そのとき蔵に、千利休の刻印が入った鉛を見つけて問いただしました。

しかし利休は平然として、秀吉は信じないだろうと強気な態度をとっていたのです。信繁は小田原城で見た利休の行いを、病気で伏せっている秀長の協力を得て、秀吉に打ち明けました。

しかし秀長はしばらくして亡くなり、この話は立ち消えとなってしまいました。

その後、秀吉が大徳寺に行って鶴松の病気が治るように祈祷したときに、山門の上に飾ってある利休の木像の足元を通ることになります。

三成と吉継がこのことを秀吉に伝えると、秀吉に利休への不信が生まれていきました。そこで利休をどうするか三成に聞くと、島流しにするべきだと答え処分を三成に任せます。

吉継と信繁と共に、処分を言い渡すために茶室を訪ねた三成は、そこでの無礼な振る舞いを許せず、堺への蟄居を命じました。

利休は、蟄居の見張り役の命を受けた信繁に言いました。「金が人の心を動かし、国を動かし、戦が大きければ商人は儲かる。しかし、人の心と命を金で操るのは業の深いことだ」やがて、利休はその半月後に秀吉に切腹を命じられます。

そのころ信繁は茶々から重大な話を打ち明けられます千利休を父親のように慕っていたこと。それで、茶をたてるときに利休の木像を近くに置いておきたいと思い木像を作らせたこと。

しかし、寸法を間違え大きいものが出来てしまったので、大徳寺に木像を預けた、という話でした。

スポンサーリンク

→千利休の切腹の謎!介錯人や最後の場所について!

鶴松との別れ

そのころ、鶴松の命がまさに消えようとしていました。そこで、三成は、秀次を筆頭に豊臣秀俊、宇喜多秀家などの豊臣一門に結束を呼びかけます。

しかしその夜、遅くに鶴松の様態が急変し医者たちが懸命に治療にあたりますが、ついに亡くなってしまったのです。わが子を失った茶々は、寧の胸で声をあげて泣き崩れます。

そんな中、次の関白の座に着くことになっていた秀次は、側室になって私を支えてほしいと、きりに頼みます。しかし、きりは、その返事を保留します。

→真田丸24話のネタバレ感想と今後の予想展開!北条氏政の最期

 - ネタバレ・予想考案


スポンサーリンク



《注目記事》U-NEXTで真田丸全話見逃し配信!無料で動画を視聴するのはコチラ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事