大河ドラマネタバレ考案速報

大河ドラマのネタバレ感想サイト!

*

小林顕作(オフロスキー)演じる明石全登!大阪の陣の功績は?


《注目記事》U-NEXTで真田丸が無料で見逃し配信中!

   

スポンサーリンク

明石全登は守護代明石家の末裔とされ、浦上家滅亡後に宇喜田直家に仕えました。

1614年、徳川家康による大阪城への攻撃に対し、豊臣側が防御体制を固める中、明石全登は、豊臣秀頼、淀殿の招きを受け、大勢のキリシタンと共に大阪城に入りました。

これは、迫害されていたキリスト教の信仰の自由と、八丈島に流されていた旧主・宇喜多秀家を解放するためであったと言われています。

kobayashikensaku

小林顕作(オフロスキー)演じる明石全登の功績

豊臣秀頼の要請に応じて大阪城に入った牢人のうち、元大名の真田幸村、毛利勝永、長宗我部盛親の3人は新参者でしたが、軍議に参加することが許され、「大阪牢人3人衆」と呼ばれました。

その後、明石全登が真田丸を巡る後藤又兵衛と真田幸村との内紛を仲裁することで、豊臣家に認められ、後藤又兵衛と共に軍議に参加出来るようになりました。

こうして、「大阪牢人3人衆」に後藤又兵衛と明石全登の2人が加わり、「大阪牢人5人衆」と呼ばれるようになりました。

大阪冬の陣では、大野治長が大阪城の西側場外に砦を築いており、明石全登は木津川口の砦の守備をしていたくらいで大きな功績を上げることはありませんでした。

ところが、夏の陣では、重要な役を担うことになるのです。

まず道明寺の戦いに参加します。豊臣家は、大和口から来る徳川軍が河内平野で兵を展開する前に、攻撃を仕掛けるために、明石全登、後藤又兵衛ら先発隊6,400人と毛利勝永、真田幸村ら後発隊12,000人を道明寺に差し向けます。

後藤又兵衛が突出して戦死し敗れましたが、明石全登隊は水野勝成・神保相茂・伊達政宗勢と交戦して混乱に陥れ、政宗と相茂の同士討ちを起しています。この戦いで全登は負傷しました。

天王寺・岡山の戦いでは、旧蒲生氏郷家臣の小倉行春と共に全登は300余名の決死隊を率いて、家康本陣への突入を狙っていました。しかし、天王寺口で友軍が壊滅したとの連絡が来たので、水野勝成、松平忠直、本多忠政、藤堂高虎の軍勢からなる包囲網の一角を突破して戦場を離脱しました。

スポンサーリンク

→阿南健治演じる長宗我部盛親!大阪夏の陣での活躍は?

夏の陣の後の動向について

その後の動向ですが、徳川実記、土屋知貞私記、石川家中留書など徳川側の家伝では、明石全登は水野勝成の家臣、汀三右衛門または石川忠総に打ち取られたとあり、大阪御陣覚書、大阪記などでも討死したとあります。

しかし、大村家譜、山本豊久私記などでは、嫡子の明石内記と共に九州に落ち延びたとあり、戸田家譜、武家事紀では、南蛮に逃れたとも記載されています。

備前・和気郡に潜伏したともされ、実際に江戸幕府は、「明石狩り」をするほど、噂を恐れていたことは有名です。

こように、明石全登は、大阪冬の陣では、目立った活躍をしませんでしたが、夏の陣では、真田幸村にも劣らない活躍でした、当初計画していた家康本陣への突入が出来なかったことが、真田幸村との違いくらいです。

これは、戦いの後も徳川側に「明石狩り」をさせるほど、恐れられていたことからも分かります。

→真田丸!今井朋彦演じる大野治長は無能?茶々との関係は?

 - 歴史, 登場人物


スポンサーリンク



《注目記事》U-NEXTで真田丸全話見逃し配信!無料で動画を視聴するのはコチラ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事