大河ドラマネタバレ考案速報

大河ドラマのネタバレ感想サイト!

*

阿南健治演じる長宗我部盛親!大阪夏の陣での活躍は?


《注目記事》U-NEXTで真田丸が無料で見逃し配信中!

   

スポンサーリンク

1614年秋、大阪の陣の機運が高まると、長宗我部盛親の元に豊臣秀頼からの招へいが届き、この招へいに応じる形で、京都を脱出して大阪城に入ります。

京都を脱出する時は6人の従者であったのが、かっての旧臣や浪人が合流し、大阪城での浪人衆の中では、最大の手勢となったのです。

こうして、盛親は、真田幸村らとともに「五人衆」と呼ばれる豊臣家の主力部隊となりました。

大坂冬の陣では、木村重成、後藤又兵衛らと共に布陣して、真田丸に入った真田幸村を加勢しています。

sanadamaru

そして迎えた大坂夏の陣では、木村重成と共に、5,000人の主力を率いて出陣し、徳川方の藤堂高虎隊と遭遇し、大坂夏の陣での屈指の激戦として知られる八尾・若江の戦いとなります。

盛親の先鋒隊が、高虎軍の鉄砲により壊滅したため、高虎軍は勢いに乗じて進軍してきたが、盛親は川の堤防に兵を隠し、敵を十分に引き付けたところで槍部隊が突撃を開始し、高虎軍を混乱に陥れ、藤堂高刑をはじめとする家老6人を倒すなど壊滅寸前に追い込みました。

ここでは、盛親の戦い上手が遺憾なく発揮されたといっても良いでしょう。

その上、盛親の部隊の目的は、戦いで高虎軍に勝つことだけを目的としたのではなかったとする説があります。「盛親は2手に分かれ、1手は高虎隊に、主力は家康のいる北東方向に向かったと考えることができる」という説。

スポンサーリンク

→真田丸!今井朋彦演じる大野治長は無能?茶々との関係は?

家康に狙いを定めていた盛親ですが、徳川軍の井伊直孝隊が援軍に駆けつけたため味方が恐れをなし、形勢は惜しくも逆転します。このため、木村重成が戦死してしまいます。「しかし、まだ勝機があるのに総崩れになるとはなんということだ。」と盛親は嘆きます。

そして、敵中での孤立をおそれた盛親は大坂城へ撤退しました。

そこで放った言葉が良く知られています、「かってこのようないくさがあったろうか!!」。

このように、怒り嘆き、翌日の決戦となる戦闘には加わらず大阪城から抜け出ます。
この嘆きの理由としては、以下のことが考えられます。

1:豊臣秀頼が中々出馬しない事(敗戦がほぼ確定した時点で出陣しようなどと言った)

2:戦に負ければ全員死ぬのに、大阪城に仕えてる女たちと将兵が愛欲にふけり緊張感が全くない

3:積極的な戦術を提言しても大野治長を通して淀殿に却下される

4:武将通しの連絡網が構築されておらず、非常に連携のもろい連合軍であった

そして、豊臣家の滅亡が決定的になったのを予想した盛親は、再起を図る為に逃亡しましたが、京都八幡(現在の京都府八幡市)近くに潜伏していた所を結局は発見され、捕らわれる事になりました。

かくして元和元年(1615年)5月15日、京都・六条河原に引き出された盛親は、合戦の前のここ京都にて「武功をあげてみせます」と笑ってみせた相手・・・板倉勝重の手によって斬首されました。

→真田丸!長野里美演じる信幸の妻おこうの今後は?史実ではどうなる?

 - 歴史, 登場人物


スポンサーリンク



《注目記事》U-NEXTで真田丸全話見逃し配信!無料で動画を視聴するのはコチラ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事