大河ドラマネタバレ考案速報

大河ドラマのネタバレ感想サイト!

*

真田丸!旭姫を演じた清水ミチコの顔や演技力は?


《注目記事》U-NEXTで真田丸が無料で見逃し配信中!

   

スポンサーリンク

脇役の話題も尽きない大河ドラマ『真田丸』。短い登場シーンでインパクトのある演技をしたと評判になっているのが、旭姫を演じた清水ミチコです。「怪演」と話題になっている清水ミチコの登場シーンについて、振り返ってみました。

shimizumichiko

演じたのは秀吉の妹

『真田丸』で清水ミチコが演じたのは、秀吉の妹、旭姫。小牧・長久手の戦いの後、徳川家康を臣従させるために、秀吉は策を練ります。最初に打った手が、妹を継室にすること。正室を失ったまま、家康は、継室を迎えずにいました。そこに、秀吉は目をつけたわけです。

妹の旭姫は、当時、44歳。人生50年と言われていた時代ですから、すでに初老と言っても良い年齢だったわけです。尾張の農民の元に嫁ぎ、夫は、秀吉の出世に伴って、武士として「佐治日向守」を名乗るまでになります。

ごく普通の農民の妻が、兄の異例の出世によって、高貴な身分になる。その挙句、それまで築いてきた家庭が崩壊することになる。慎ましい幸せだけを願って生きてきた普通の女性が、心ならずも受け入れざるをえない高貴な姫としての生活。

若ければまだしも、すでに初老とも言える年齢になって、大きな転換を強いられたのが、旭姫という女性です。なぜ、自分の人生が望まぬ方向に進むのか?従わざるをえないのは、頭で分かっても、納得できない。そんな思いを抱えて、農婦から高貴な姫に転身したのが、秀吉の妹です。

スポンサーリンク

→真田丸に登場した朝日姫!史実では容姿は美しかったのか?

無言の仏頂面が強烈なインパクト

声高に抗議できない。けれども、納得は全くできない。戦国という時代への疑問を呈する女性は、他にもいます。例えば、きり。『真田丸』では、きりは、うざいくらいに、思ったことをポンポン口にします。それとは対照的に、旭姫は、怒りを凝縮させた無言に、戦国の世の理不尽さを訴えています。

農民に嫁いで、ありふれた幸せに充足していた、土の匂いが染み付いた女性。その雰囲気を出すには、垢抜けしていないことも、重要なポイントでしょう。

豪華絢爛たる衣装が浮いて見える、清水ミチコ演じる旭姫は、人生がたそがれてきた頃に、全く異なる世界に投げ出された女性の哀感をよく出していました。

中でも、視聴者を引きつけたのが、表情。硬く歪んだ仏頂面に、強い印象を受けた視聴者が多かったようです。老醜さえも感じられる清水ミチコの演技は、旭姫という女性が強いられた、人生の過酷さを浮き彫りにしています。

→豊臣秀吉の妹、旭姫のその後は?家康との関係は?

 - キャスト


スポンサーリンク



《注目記事》U-NEXTで真田丸全話見逃し配信!無料で動画を視聴するのはコチラ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事