大河ドラマネタバレ考案速報

大河ドラマのネタバレ感想サイト!

*

徳川家康の真田攻めとは?どうやって徳川を撃退したのか?


《注目記事》U-NEXTで真田丸が無料で見逃し配信中!

   

スポンサーリンク

真田の名を世に知らしめた上田合戦。家康の真田攻めを見事に退けた戦いぶりは、戦記に記され、後世に伝えられています。家康の真田攻めは、どのような理由で行われたものでしょうか?真田は、いかにして徳川を撃退したのでしょうか?

sanadamaru

沼田を守るため、真田は奇襲作戦をとる

武田家の滅亡で、信濃は、北条氏直、徳川家康、上杉景勝の三者に狙われます。真田昌幸は、紆余曲折を経て、主人として徳川家康を選びます。

しかし、家康は、北条氏直との間に和睦を結んだ際、真田の所領である沼田と、北条氏の佐久を交換することを取り決めてしまいます。

沼田を守りたい昌幸は、家康の命を拒み、上杉景勝と手を結びます。昌幸の行動に激怒した家康。家康の真田攻めが始まります。1585年のことです。

鳥居元忠、大久保忠世らが率いる徳川軍は、7000。迎え撃つ真田軍は、農民兵を加えて2000足らず。数に勝る徳川軍に対して、昌幸がとった作戦は、上田城の構造を最大限に生かし、徳川軍を引きつけて叩くというものでした。

おとりの兵にわざと敗戦を演じさせ、上田城の二の丸に徳川軍をおびき寄せ、徳川軍が大手門前に迫ったところで、一斉に真田軍が襲いかかりました。反撃に混乱した徳川軍は、撤退。入り組んだ上田城で、徳川軍は分断され、真田軍によって大きな損害が与えられました。

上田の城下町に撤退した徳川軍は、千鳥掛けと呼ばれる互い違いに打った杭のため、混乱を増し、そこに真田軍が火を放ちました。昌幸の嫡男・信幸が襲いかかり、多くの徳川軍を討ち取りました。

ようやく神川まで徳川軍が戻ったところで、真田の兵が上流の堰を切りました。濁流が押し寄せ、多くの徳川軍が溺れ死にました。第一次上田合戦によって、徳川軍に出た犠牲者は1300人。真田側の犠牲者は、40人ほどだったとされています。家康の真田攻めは、失敗に終わりました。

スポンサーリンク

→豊臣秀長と徳川家康の関係は?正室(慶)と子供について

繰り返された奇襲作戦!第二次上田合戦も真田が勝利する

同じ戦法で真田が徳川軍を退けたのが、第二次上田合戦です。1600年、家康が上杉征伐の兵を率い、大阪を離れると、石田三成が毛利輝元を総大将として西軍を組織して挙兵。昌幸は、家康に従っていましたが、下野で次男の信繁とともに、離反。上田に帰還します。

家康率いる先発隊は東海道を進み、秀忠率いる3万8000人の軍勢は、中山道を進んで西に向かうことになります。その途中にあったのが、上田城でした。

秀忠に対して、当初、昌幸は助命を懇願。秀忠が承諾した直後、昌幸は、態度を変えて挑発的な行動に出ます。第二次上田合戦が始まります。

短期決戦を狙う秀忠は、真田軍を城からおびき出すために、城下の田の稲を刈り取ります。それを見て真田軍が城から出てきたところを、徳川軍が襲いました。敗走する真田軍を追って、徳川軍は、上田城に攻め込みます。

徳川軍を城内におびき寄せるのが、昌幸の狙いでした。大手門前に迫った徳川軍を真田の鉄砲隊が攻撃。混乱した徳川軍に真田軍が襲いかかりました。信繁の合図で、神川の堰が切られ、徳川軍には、多くの溺死者が出ました。2度にわたって徳川軍を退けたことで、昌幸は知将としての名を高めることになりました。

→石田三成は徳川家康と不仲ではなかった?意外なことが関ヶ原の戦いのきっかけ?

 - 歴史


スポンサーリンク



《注目記事》U-NEXTで真田丸全話見逃し配信!無料で動画を視聴するのはコチラ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事