大河ドラマネタバレ考案速報

大河ドラマのネタバレ感想サイト!

*

本多忠勝の娘・稲姫(小松姫)は史実でも父親ゆずりで活発な性格なのか?


《注目記事》U-NEXTで真田丸が無料で見逃し配信中!

   

スポンサーリンク

偉大な父・昌幸の背中を追って苦悩する信幸。大河ドラマ『真田丸』では、大阪編から、昌幸の知略に次第に衰えが見られるようになります。父の背中が小さく見えた一瞬。そのようなシーンが、信幸を通して描かれることも、増えてきます。そうした信幸を支えた女性が、本多忠勝の娘・稲姫(小松姫)です。

sanadamaru

舅といえども、敵として入城を拒む

小松姫の逸話で最も有名なのは、関ヶ原の戦いの前に、舅・真田昌幸の入城を拒んだというものです。

関ヶ原の戦いの開戦前、真田昌幸、信幸、信繁は、徳川家康の会津攻めに従軍するため、宇都宮城に向かっていました。犬伏に着いた時、親子の元に石田三成からの密書が届きます。密書には、徳川家康を打倒するために挙兵するので、協力してほしいと記されていました。

真田親子は、長時間話し合いました。すでに小松姫を娶っていた信幸は、徳川方につくことを主張。石田三成とは義理の兄弟となる昌幸、石田三成の親友・大谷吉継の娘を娶っている信繁は、石田方につくことを主張。親子は、結局、袂を分かつことになります。

昌幸と信繁は、居城である上田城に帰還することにし、昌幸は、その途中にある沼田城に立ち寄ろうとします。しかし、夫・信幸の留守を守っていた小松姫は、昌幸の申し入れを拒否します。「たとえ舅といえども、敵となった以上、城内に入れることはできません。力づくで入城しようとするなら、留守を預かる真田信幸の妻が、お相手いたします。」薙刀を携えた小松姫は、このように言い放ったとされています。

小松姫は、家臣の家族を城内に囲い、野営する昌幸との争いを統御しました。その手並みを昌幸は、「さすがは本多忠勝の娘だ」と称えたと言います。昌幸と信繁は、沼田城への入城を諦め、正覚寺に宿泊します。小松姫は、子供を連れて正覚寺を訪れ、昌幸と孫の再会をさせたとされています。

スポンサーリンク

→真田丸!本多忠勝と本多正信の関係性は?

手を払いのけた男性を選んだとも

信幸が父や弟と袂を分かつことになった、小松姫との婚姻。本多忠勝の娘・小松姫が、真田昌幸の嫡男に嫁ぐきっかけとなったのは、第一次上田合戦です。この合戦で、真田軍は、3倍以上の徳川軍を撃退します。この時の信幸の戦いぶりに感心した本多忠勝が、真田家を取り込むために徳川家康に進言したのが、娘・小松姫との結婚だとされています。

ただし、居並ぶ諸大名の中から、小松姫が信幸を選んだとの逸話もあります。重臣・本多忠勝の娘・小松姫の婿候補を徳川家康が並ばせ、「選ぶが良い」と言うと、小松姫は、若者の髷をつかんで、顔を覗き込んだと言います。小松姫は、当時、14歳とも17歳とも。

居並ぶ若者たちは、家康の威厳を怖れ、本多忠勝を憚ってじっとしていましたが、真田信幸だけは、「御免」と言って、小松姫の手を鉄扇で払いのけたと言います。その反応に感じるところがあって、小松姫が信幸を選んだとの逸話もあります。父親ゆずりの活発な性格を物語る逸話です。

→真田信幸の正室・小松姫とはどんな女性だったのか?子供や子孫は?

 - 登場人物


スポンサーリンク



《注目記事》U-NEXTで真田丸全話見逃し配信!無料で動画を視聴するのはコチラ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事