大河ドラマネタバレ考案速報

大河ドラマのネタバレ感想サイト!

*

真田丸16話「表裏」のネタバレ・あらすじ・感想!信繁が茶々に気に入られる


《注目記事》U-NEXTで真田丸が無料で見逃し配信中!

      2016/04/25

スポンサーリンク

真田丸16話「表裏」、秀吉が動き出した中、信繁は何を思うのか?そして今度は信繁の故郷が・・・

sanadamarukansou16

真田丸第16話「表裏」のあらすじ

秀吉が上杉景勝に真田への支援を禁ずる事を指示した事を知った信繁は困惑する。秀吉は信繁を自分の護衛役である馬廻り衆に加え、信繁は秀吉と行動を共にする。

信繁は秀吉が大変気にいっている茶々に気に入られてしまう。その頃、家康は真田攻めの準備を着々と進めていた。昌幸は、上杉に援軍を願うも、上杉はこれを拒否!いよいよ故郷が最大のピンチを迎えてしまう。

→秀吉と茶々の関係は?年齢差があるのに側室になった理由とは?

真田丸第16話「表裏」の見どころ

本多忠勝の娘、稲姫(小松姫)が登場、そして信繁も馬廻り衆に取り上げられるも、秀吉が熱を上げている茶々に気に入られ対応に困ります。その一方、豊臣秀吉、石田三成、加藤清正、徳川家康はそれぞれの出方をみていた。

スポンサーリンク

→真田信幸の正室・小松姫とはどんな女性だったのか?子供や子孫は?

真田丸第16話「表裏」の感想のまとめ

秀吉の護衛係となった信繁と自分の中途採用が重なった日だった・・・

今週の真田丸は、いつも以上に迫力感があるなと思いながら見入っていました。

いよいよ主人公の信繁が、秀吉の護衛係となって大阪城で働く日々が始まったのですが、思えばそのシーンが中途採用で入社した日の自分自身と思わず重なり、慣れない環境の中で周囲の人達との距離感や人間関係をどうやって取っていけばよいかなど、新参者ならではのヒリヒリした様なストレスが画面から、これでもかと言う位にドロドロと出て来たので、見ているこちらもつい胃が痛くなってしまう程だったのです。

しかし、幸か不幸か私は淀殿の様な美人妻(?)に気に入られる事が無かったので、とりあえず信繁と秀吉と淀殿との奇妙な三角関係だけは、妙にドキドキしながら呑気に見ていたのです。

400年以上も昔の人間関係の事は、現代の私達から見れば大きく違っていたと言われていますが、(同性同士の恋愛関係も公然の事実として、当時は広く受け入れられていたそうです)それでも人間としての嫉妬や陰口などは、いつの時代であろうと、どんな組織であっても殆ど変わらないのかもしれないと思います。

そう思えば、秀吉をトップとする大阪城内の人間関係が会社組織に生きる私達と被って見えるのも不思議ではないと思います。
結果的にこれからの信繁は、この大阪城と豊臣家(淀殿)に最後まで人生を振り回されてしまうのですが、そうしてまで守りたかったものが一体何だったのか、これからも楽しみです。

真田信繁が遂に秀吉の秀吉の馬廻衆に!?

今回は堺雅人演じる真田信繁が、秀吉の馬廻衆(うままわりしゅう)に加わります。馬廻衆とは、主君の側に仕える護衛役です。上杉家と真田家のことを心配している信繁ですが、馬廻衆として秀吉の護衛にあたります。その結果、秀吉の愛している茶々に信繁は気に入られることとなり、秀吉に白い目で見られてしまいます。

真田丸における茶々は、不遇な生い立ちのせいで悪女になってしまった女性として描かれていく模様です。ちなみに竹内結子が演じています。今後も茶々に振り回されるであろう信繁は、茶々とどのように対峙していくのか注目です。

一方、信繁の実家である真田家は周囲を敵に囲まれることになり、大ピンチに陥っています。そんな逆境にありながらも、真田家の昌幸と信尹は軽口の応酬をしていて今回もかっこよかったです。

真田家は徳川家康に領地を狙われており、家康は秀吉に真田への戦を仕掛ける了解を得るための文を送ります。秀吉は家康からの文は自分への恭順とみなすべきか否かを信繁に尋ねます。信繁は慎重な家康が真田を攻めるときに秀吉からの攻撃を避けるためであり、家康が秀吉に服従したわけではないと訴えます。

信繁の策士らしい一面が垣間見えますが、まだまだ古狸たちには敵わないような印象が強い回でした。

男女の愛憎劇を描いた話だった!

「真田丸」第16話・表裏は男女の愛憎劇を描いた怖い回でした…。

秀吉の怖さがいよいよ裏で働くのが見える回でして、加藤清正が馬廻衆のひとりを井戸に投げ落としてしまったという恐怖の出来事があり、その馬廻衆の欠員補充として加えられたという源次郎でしたが、あれは秀吉の裏の顔を見たような気がしてすごく怖かったですね。

秀吉という男は猜疑心が強く、ものすごく独占欲が強いので、茶々が他の男に色目を使ったらすぐに消すという徹底ぶり。こんな上司がいたらヒヤヒヤして仕えるどころじゃないと思うんですが、それでも天下人として名を馳せている秀吉に従わないと後で何をされるかわからないので、皆、仕えているという、恐怖政治がかつての日本にはあったわけですね。

利休を消そうとしたのも、おそらく秀吉の差金ではないかと睨んでいるのですが、これは来週以降楽しみです。

→真田丸第15話「秀吉」のあらすじと感想

 - ネタバレ・予想考案, 感想


スポンサーリンク



《注目記事》U-NEXTで真田丸全話見逃し配信!無料で動画を視聴するのはコチラ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事