大河ドラマネタバレ考案速報

大河ドラマのネタバレ感想サイト!

*

星野源演じる徳川秀忠と江の夫婦仲は?子供はどうだったのか?


《注目記事》U-NEXTで真田丸が無料で見逃し配信中!

   

スポンサーリンク

大河ドラマ『真田丸』で星野源が演じることが決まった徳川秀忠。真田昌幸にしてやられ、関ヶ原の戦いに遅参するという大失態を演じます。偉大な父を持った二代目の苦悩は、『真田丸』のテーマの一つ。偉大な父・家康を頂く秀忠。徳川幕府の第二代将軍であり、浅井三姉妹の一人を妻にした人物としても知られています。どのような武将だったのでしょうか?妻の江との夫婦仲は、どうだったのでしょうか?

hoshinogen

守成の世の主君として家康に見込まれる

秀忠の名が広く知られるようになったのは、天下分け目の合戦、関ヶ原の戦いに遅参したということが、きっかけです。凡将、暗愚などの評価が、この時以降、秀忠について回ることになります。徳川家による史書においてすら、秀忠の武将としての評価は、低いものと言わざるを得ません。

家康の三男として生まれた秀忠。家康の長男・信康は、秀忠が生まれた年に切腹を命じられ、次男の秀康は、豊臣秀吉に養子として出されています。秀康は、後に結城氏を継いでいます。そのため、三男の秀忠は、母の西郷局が三河国の名家の出であることもあって、実質的な世子としての扱いを受けています。

関ヶ原の戦いに遅参するという失態を演じたにもかかわらず、家康が秀忠を後継者としたのは、家康が秀忠を守成の時代の主君にふさわしいと考えたからだと言われています。家康は、唐の太宗の治世について記した『貞観政要』を読んでいますが、『貞観政要』には、「守成は創業より難し」という有名な一文があります。

秀忠は、武将として合戦では実績を残すことができませんでしたが、温厚な人柄で沈着であり、父の家康の言は忠実に守ったとされています。父の路線を律儀に守り、江戸幕府の基盤を強固にするという役割を、結果として秀忠はしっかりと果たしたと、今日では評価されています。

スポンサーリンク

→豊臣秀長と徳川家康の関係は?正室(慶)と子供について

正式な側室は一人も持たなかった

秀忠が最初に娶ったのは、織田信雄の娘で秀吉の養女・小姫。しかし、秀吉と信雄が仲違いし、信雄が除封されるに及び、離縁。秀吉の養女で浅井三姉妹の一人、江と再婚したのは、文禄4年(1595年)のことです。

江にとっては、3度目の婚姻でした。江が最初に嫁いだのは、佐治一成。しかし、秀吉によって離縁させられます。この時、江は、満11歳。2度目の婚姻相手は、秀吉の甥・豊臣秀勝。秀勝との間には娘の完子が生まれますが、死別します。

秀忠との間には、2男5女をもうけています。豊臣秀頼室となった千姫、前田利常室となった珠姫、松平忠直室となった勝姫、京極忠高室となった初姫、三代将軍となった徳川家光、駿府城主となった徳川忠長、そして、御水尾天皇の中宮となった徳川和子です。徳川将軍御台所で将軍の生母となったのは、江だけとされています。

秀吉の養女という立場と継室に迎えた時に自分よりも年上であったことから、秀忠は、江に頭が上がらなかったと言われています。史書の中には、江は嫉妬深いと記してあるものもあります。慶長16年(1611年)江戸城の女中だった静が、秀忠の子を産んだ時のことから、そのように言われるようになりました。

当時、侍妾の選定には正室の許可が必要で、下級女中の場合は、大奥の秩序を維持するために出自を整える手続きが必要でした。しかし、静について、秀忠は一切の手続きを怠り、静は江戸城外で男児を出産しています。その子供は、高遠藩保科家で養子として育てられます。後の保科正之です。秀忠は、生涯、正之を実子として扱うことはありませんでした。

→石田三成は徳川家康と不仲ではなかった?意外なことが関ヶ原の戦いのきっかけ?

 - キャスト, 登場人物


スポンサーリンク



《注目記事》U-NEXTで真田丸全話見逃し配信!無料で動画を視聴するのはコチラ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事