大河ドラマネタバレ考案速報

大河ドラマのネタバレ感想サイト!

*

藤堂高虎はなぜ大谷吉継の墓を建てたのか?理由は吉継の武勇と五助の忠心に感じ入ったから?


《注目記事》U-NEXTで真田丸が無料で見逃し配信中!

   

スポンサーリンク

敵として戦っても、義ある武将、忠を尽くす家臣には、心を寄せた戦国時代の人々。戦場には、そんな逸話が、散見します。関ヶ原の戦いで激突した大谷吉継と藤堂高虎。激しく戦った敵将を葬い、その墓を建てたのが、藤堂高虎でした。

Cemetery-6

激突した大谷吉継の軍勢と藤堂高虎の軍勢

関ヶ原の戦いで西軍についたのが、大谷吉継。石田三成が最初に挙兵を呼びかけたのが、大谷吉継とされています。三成の無謀を指摘しながら、翻意が叶わぬと見て取った吉継は、友情から、西軍に加わることを決したと言います。

吉継は、病から輿に乗って指揮を取っていたとされますが、大谷軍はよく戦いました。東軍では、藤堂高虎と京極高知の軍が、大谷軍に敵対。大谷軍には、平塚為広、戸田勝成が率いる兵たちが加わり、藤堂・京極隊を迎え撃っていました。

いずれの隊も引くことなく、激闘が続き、藤堂隊は、東軍では最も多くの死者を出したと言われています。関ヶ原の戦いが始まった日、午前中は、西軍がやや押し気味の状態で、戦況は推移しました。

→真田丸!大谷吉継が患っていた病気とは?

小早川秀秋の裏切りにより、裏切りの連鎖が起こった

こうした状況を傍観していた隊がありました。西軍に加わっていた小早川秀秋の軍です。秀秋は、松尾山に布陣していました。戦の前に徳川家康と通じていた秀秋。開戦当初は、傍観の姿勢を保っていました。それに苛立った家康が催促の発砲。その合図を受け、小早川軍1万5000は、大谷軍に襲いかかりました。

ただし、吉継は、秀秋の裏切りを予測しており、600の兵を温存していました。数こそ劣るものの、大谷軍はよく持ちこたえ、3度にわたって東軍を押し返しました。

しかし、秀秋の裏切りを知って、脇坂安治、朽木元綱、小川祐忠、赤座直保の4人が寝返りました。この4隊の兵、合わせて4200名が、大谷軍と京極軍に襲いかかったのです。平塚為広は、即座に自隊を率いて突撃しました。やがて、為広の使いが、吉継の元に来ました。為広が討ち取った敵の首と辞世の句を持参したのです。

盟友の死を知った吉継は、率いていた兵たちに、「今から我が隊は、最後の死に戦に取りかかる」と告げました。大谷軍は、敵に突撃していき、吉継は従者の湯浅五助とともに、藤川台の草深い場所にやってきました。そこで、吉継は自刃したのです。

スポンサーリンク

→真田信繁の正室・竹林院に松岡茉優!竹林院

主君の首を敵に渡すまいとした五助

吉継の介錯をした五助は、病に冒された主人の首を敵に渡すまいと、地中深く埋めました。しかし、その姿を見られていたのです。藤堂高虎の甥・藤堂高刑が、五助に撃ちかかろうとしました。五助は、主人の首を埋めたことを告げ、主人の面容は敵に晒したくないから、自分の首をはね、その代わり、ここに主人の首が埋まっていることは他言しないで欲しいと訴えました。

高刑は、五助の首を持って、高虎とともに家康の本陣に参じました。家康は、五助という従者が吉継の首のありかを知らぬはずがないと、高刑を追及しました。しかし、高刑は五助との約束を守り、吉継の首のありかを漏らしませんでした。後日、高虎は、吉継の勇猛さと五助の忠心を讃え、吉継の墓を建てました。そこには、五助も眠っているとされます。吉継と五助の眠る墓は、今でも、多くの人が訪れます。

→大谷吉継の病とは?娘・竹林院について

 - 歴史, 登場人物


スポンサーリンク



《注目記事》U-NEXTで真田丸全話見逃し配信!無料で動画を視聴するのはコチラ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事