大河ドラマネタバレ考案速報

大河ドラマのネタバレ感想サイト!

*

真田丸第10話「妙手」のあらすじと感想


《注目記事》U-NEXTで真田丸が無料で見逃し配信中!

   

スポンサーリンク

徳川に加勢して、見事、北条軍を退けた真田。しかし、戦を長引かせたくない徳川は、北条から持ちかけられた和睦の話に応じてしまいます。和睦の話し合いの席で、信濃と上野を、北条と徳川で分け合うことになったことから、真田昌幸は窮地に立たされます。いかにして領地を守るか?真田一族の知恵の見せ所が描かれたのが、第10回「妙手」です。

sanadamarukansou10

沼田を巡って対立が鮮明化する

北条との和睦を徳川家康が受け入れたのは、西で勢いを増す羽柴秀吉が気になっていたからです。真田信尹から約束を違えぬように申し入れがあった直後は、「雑魚に関わっている暇はない」と切り捨てようとした家康でしたが、本多正信に「毒を持っているかもしれない」と忠告され、昌幸を呼び寄せることにします。

昌幸は、嫡男・信幸を名代とし、信尹と信繁をつけて交渉に臨ませます。家康は、若い信幸に、「信濃は家康がしかと守る」と言って済ませようとしますが、実直な信幸は、正面から新しい城を造ることを提案します。虚空蔵山城近くの海士淵に城を造るという話を持ちかけます。家臣の同意を受け、家康は築城を承諾します。その城を真田が守るということも認めます。

その代わり、沼田と岩櫃を渡すよう、家康は信幸に迫ります。安堵の話を持ち出して、家康の要求をきっぱり断る信幸。業を煮やした本多忠勝は、信幸を切り捨てようと迫ります。信繁が兄の前に割って入り、忠勝を止めます。信尹が話を持ち帰って検討すると言ったことで、交渉はいったん中断します。

交渉が思いの外難航して困っている家康に、阿茶局は、自分が世話をしている人質の中に昌幸の母親がいるということを伝えます。家康は、真田家の者にとりを引き合わせ、とりを返すことを伝えます。もちろん、条件は、沼田の譲渡でした。

とりが返されたことで、昌幸は、沼田をいったん諦めることにしますが、沼田城を預かっている叔父の矢沢頼綱は、頑として拒否します。家康は、北条氏政に沼田の件は任せると書状を送り、北条は、沼田城に使者を送ります。その使者を頼綱は槍で突き命を奪います。口実を得た北条は、沼田城を攻めます。

スポンサーリンク

→真田丸第10話「妙手」のあらすじとネタバレ! 

信繁は上杉に奇策を提案する

時に矢沢頼綱は、齢70近く。しかし、意気軒昂。沼田城を守り、よく戦います。徳川に築城を要請した昌幸は、表立って頼綱に加勢できないため、三十郎を頼綱の元にやって、戦が長引くようなら頼綱を連れ戻すように命じ、信繁には上杉に行って、上杉と手を結ぶように手配することを命じます。大役を任されて心弾む信繁は、出立の前に梅に会い、梅から妊娠を告げられます。

上杉の元に出向いた信繁は、厳しく警戒されます。真田の裏切りを直江兼続は憤っていました。「斬り捨てましょう」と言う兼続を制し、上杉景勝は、信繁の話に耳を傾けます。信繁は、現在、築城を急いでいる城は、まことは徳川への備えのための城であること、真田は自らの力で得た沼田を手放すつもりはないこと、真田には真田の意地があることを伝えます。

その上で、上杉には芝居を打ってもらいたいと、信繁は提案します。徳川との約束通りに真田は虚空蔵山城を攻め、上杉には撃退してもらいたい。真田が総崩れになり、その勢いで上杉が北条に攻め込むとの噂が伝われば、北条は沼田どころではなくなるから。白刃に取り囲まれながら、臆することなく奇策を提案する信繁に感心した景勝は、信繁の話に乗ることにします。
虚空蔵山城で向き合った上杉軍と真田軍は、法螺貝を吹き、陣太鼓を鳴らします。

その後、信繁は、ただ一騎、上杉軍の前に進みました。暗黙のうちに了解が成り立ち、真田軍は退却し、上杉軍は勝どきをあげます。真田の敗走の噂は瞬く間に広がり、上杉が北条に攻めかかるとの話から、北条軍は退却します。

作戦の成功を、昌幸は信幸や信繁と祝います。その足で、信繁は、梅に妻になるよう言いに行きます。喜びに浸る真田家の人々。真田昌幸の存在を疎ましく思う家康は、昌幸の暗さつを考え、対立している国衆の室賀を呼び寄せます。

→真田丸第9話「駆引」のあらすじと感想

 - 感想


スポンサーリンク



《注目記事》U-NEXTで真田丸全話見逃し配信!無料で動画を視聴するのはコチラ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事