大河ドラマネタバレ考案速報

大河ドラマのネタバレ感想サイト!

*

真田信繁と黒田官兵衛はどちらが優秀な武将なのか?


《注目記事》U-NEXTで真田丸が無料で見逃し配信中!

   

スポンサーリンク

天下取りの最前線にいたとは見られていない武将に、実は人気が集まることが少なくありません。日本人の判官贔屓だったり、人間臭さを感じたりするからかもしれません。同じく豊臣秀吉に才能を見込まれた黒田官兵衛と真田信繁。微妙に時代を異にしながら、微妙に重なるところもある2人。片や最強のNo.2と呼ばれた男。片や「日本一の兵」と呼ばれた男。もしも、2016年の大河ドラマで2人が共演するとしたらどうなるのかと考えて、ワクワクする視聴者もいるようです。

sanadamaru

最強のNo.2軍師官兵衛

黒田官兵衛は、優れた知略と戦術によって、敵対した赤松政秀や毛利勢からの攻撃を少ない兵力で撃退し、頭角を表すようになります。戦い方としては、真田昌幸に似たところがあったと言えるでしょう。織田信長の臣下となると、秀吉の軍師として、兵糧攻めや水攻めの立案をし、活躍しています。

秀吉の天下取りに積極的に貢献し、本能寺の変で信長が倒れた直後、呆然とする秀吉の膝を叩き、「莞爾として、君の御運開かせ給ふべき始めぞ。能くせさせ給へ。」と言ったとされます。秀吉は、官兵衛の働きによって、毛利輝元と即座に和睦して中国大返しを成功させ、三法師擁立の清洲会議後には柴田勝家を破って、織田の勢力を集めます。また、毛利輝元と宇喜多直家の和平交渉の成立も、黒田官兵衛の功でした。秀吉の天下取りに大きく貢献し、最強のNo.2とされるのが、黒田官兵衛です。

また、天下人が自分をどのように見ているのかということにも機敏に反応していたのが、官兵衛の特徴です。秀吉は、本能寺の変の直後の官兵衛の反応に対して、「是より秀吉、孝高(官兵衛)に心を許さざりしとなり」とされています。そうした警戒心を感じ取り、自分が野望を抱いていないと示すため、黒田長政に家督を譲ったりしています。機を見るに敏。秀吉亡き後は、徳川家康が天下の実力者になるとして、家康に接近し、関ヶ原の戦いでは、家康から「一番の功労者」と称されています。

スポンサーリンク

→大阪夏の陣の後の真田信繁は薩摩落ちした⁈

才能が開花したのは最晩年だった真田信繁

真田信繁は、真田昌幸の次男として生涯の大半を過ごしました。青春時代は、地方豪族だった真田家の存亡の危機を救うため、人質に2回出ています。上杉と豊臣。いずれも、真田家生き残りのため、昌幸が考えたものでした。大河ドラマの中でも、大名につくしか生き残りを図れない地方豪族の苦悩がしばしば描かれますが、そのような状況下、昌幸は、武田家が滅びた後は、上杉、北条、豊臣と従属する大名を次々と変えざるをえませんでした。その際、人質として信繁を出仕させる必要に迫られました。

信繁は、関ヶ原の戦いで自らが豊臣側の妻を娶っていることもあって、父の昌幸とともに秀吉側に加勢します。戦いには徳川方が勝利して、辛くも助命されますが、34歳にして九度山での蟄居生活に入ります。苦しい窮乏生活で老いこみ、そこで父の昌幸を見送ります。

そのような信繁の元に届いたのが、豊臣方からの呼びかけでした。密使の訪れを受けて、九度山を脱出したのが、48歳。大阪夏の陣に加わるために真田が九度山を脱出したと知らされた家康は体を震わせ、「親か子か」と尋ね、息子だと知らされ、安堵したと言われています。父の昌幸の陰に隠れた人生だったわけです。

大阪城での信繁の評価も、専ら昌幸の息子というものでした。そうした評価を甘んじて受けながら、まとまらない豊臣側の中で、真田丸を築き、大阪冬の陣で徳川軍を退けたのが、信繁48歳の時。ここで、信繁はようやく、信繁自身の名を世に知らしめることになります。

大阪夏の陣で、徳川家康の本陣を強襲。家康をあと一歩のところまで追い詰めます。家康本陣を突き崩したことで、信繁は、「日本一の兵」として讃えられるようになります。享年、49歳。派閥に阻まれ、孤軍奮闘した勇者。そうしたドラマ性。晩年まで次男としての隠忍自重の生活を送った知られざる苦悩。そのような男の人生最後の輝きに魅せられ、信繁は幸村として、蘇ることになります。幸村として新たな生を授けられた信繁は、庶民の夢を乗せて、後世まで羽ばたくことになりました。

→真田信繁の娘お梅のその後はどうなったのか?意外な結末とは?

 - 登場人物


スポンサーリンク



《注目記事》U-NEXTで真田丸全話見逃し配信!無料で動画を視聴するのはコチラ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事