大河ドラマネタバレ考案速報

大河ドラマのネタバレ感想サイト!

*

真田信繁と上杉景勝の関係は?信繁の出仕を景勝はどのように迎えたのか?


《注目記事》U-NEXTで真田丸が無料で見逃し配信中!

   

スポンサーリンク

信濃の国に自治国家を築こうと夢見た真田昌幸。しかし、国衆たちの理解が得られず、目標を変えます。次なる目標は、自らが信濃の国主となること。そのために徳川家康に加勢しますが、徳川家康は、北条氏直とまさかの和睦。和睦の条件に、真田の領地の召し上げがあったことで、事態は急展開します。

Okazaki Castle in Aichi, Japan

沼田領を守るべく、昌幸は徳川を離反し、上杉に信繁を差し出す

敵対していた徳川と北条。真田の働きで、数に勝る北条軍は劣勢に立ちます。しかし、老獪な北条氏政は徳川家康に和睦を持ちかけ、数に劣る徳川軍も和睦をのみます。1585年のことです。

徳川家康は、講和の条件として、真田に安堵を約束した沼田領を北条氏に割譲することを提案。昌幸に沼田を差し出すように命じます。この命令に、昌幸は激怒。「沼田は弓矢に問うて切り取った土地。徳川殿から頂戴した土地ではない」と、沼田の引き渡しを拒絶します。
昌幸の離反に対して、徳川家康は怒り、昌幸の居城である上田城に自ら軍勢を差し向け、北条氏直から援軍を出させることにも成功します。

真田家の窮地。昌幸は、上杉景勝に援助を求めます。ただし、昌幸はすでに一度上杉を裏切ったことがあるため、容易に信用は得られないだろうと考えた昌幸は、臣従の証として次男の信繁に叔父の矢沢頼綱の嫡男・頼幸をつけ、軍兵を揃えて上杉に差し出しました。

上杉の将・須田満親は、矢沢頼綱にすぐに書状を送り、信繁の人質を謝し、真田家を援助することを述べています。景勝も、昌幸に起請文を与えています。起請文の中で、景勝は、手違いがあっても、謀反の噂があっても、惑わされずに情をかけるとして、大いに歓待しています。

スポンサーリンク

→真田丸!寺島進演じる出浦昌相は昌幸の部下を統率する?晩年は?

上田合戦に勝利した昌幸は信繁を秀吉の人質にする

景勝の援助も得た昌幸は、500名の手勢で上田城の本丸を固め、200名のおとり部隊を神川付近に配置して徳川軍を待ちました。迎え撃つ徳川軍は7000名

数に勝る徳川軍は、おとり部隊に誘われて複雑に柵を巡らした城下町に入り込みます。入り込んだのを見すまして、火が放たれ、銃弾が浴びせられ、柵に阻まれて焦った徳川軍は川に倒れ、そこに真田軍が水を切り放ち、命を落とす者が多数出ました。

地の利を生かした作戦で、徳川軍を退けた真田軍。昌幸の武名は、天下に轟きました。しかし、徳川が本腰を入れて攻め直してくることが予想されました。昌幸は、上杉の次に頼るべき大名として、豊臣秀吉を考えていました。上杉を頼ったのも、当時の上杉の背景には秀吉がいたからだとする説もあります。

上杉家で、信繁は、家臣として所領を与えられ、景勝から1千貫文賜っています。家中の人たちからも親しまれ、家老の直江兼続からは軍法を教えられたと言われています。越後滞在5ヶ月ほどで、信繁は豊臣秀吉の人質として大阪に向かいます。

→真田丸に登場する小山田茂誠の最後は?松を失った後はどうしたのか?

 - 登場人物


スポンサーリンク



《注目記事》U-NEXTで真田丸全話見逃し配信!無料で動画を視聴するのはコチラ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事