大河ドラマネタバレ考案速報

大河ドラマのネタバレ感想サイト!

*

真田信繁は十文字槍の使い手⁉︎本当に強いのか?


《注目記事》U-NEXTで真田丸が無料で見逃し配信中!

   

スポンサーリンク

真田幸村というと、ゲームなどで見かけるのは、切っ先が三方向に広がる十文字槍を構えた姿。大河ドラマ『真田丸』の第1回の冒頭近くでも、大坂の陣で駆ける真田信繁が馬上で持っていたのは、十文字槍でした。人生で最も輝いたシーンを冒頭に出す、大河ドラマのお約束とも言える構成。そこで登場させた十文字槍。実際に、信繁は、十文字槍を大坂の陣で使ったのでしょうか?

sanadamaru

戦国時代の重要な武器は槍だった

戦国時代、槍は重要な武器でした。大河ドラマでも、真田家の家臣、堀田作兵衛がこまめに槍の手入れをするシーンが見られます。

戦場においては、槍は、刀以上に大きな役割を果たしていました。敵軍に対して、最初に槍で勝利をあげた者を「一番槍」と呼びました。一番槍になれるかどうかは、後の褒賞に大きく関わるため、武将たちは、時には軍令違反を犯してでも、一番槍の名誉を争ったとされています。また、槍での戦功がめざましい人は、「槍働き」と称されました。

→真田信繁が豊臣秀吉の人質となった経緯と秀吉のもとでの生活は?

槍働きに与えられる朱色の柄の槍

侍の中でも、槍術に優れ、戦場で槍を用いて多くの首をあげた者は、大名から朱塗りの槍を賜りました。朱色の柄の槍は、誰もが持てる物ではなく、槍働きとして大名から認められた武将だけが持てる武具でした。

信繁が愛用したとされる十文字槍の柄は、朱色に塗られ、真田の赤揃えに恥じぬ名槍だったと言われています。柄が朱色だったことから、信繁が槍で活躍していたことをうかがい知ることができます。

十文字槍は、刺突の際に相手が避けにくい形状であり、相手の槍を引っ掛けて払うこともできるとされています。一方、切っ先が三方向にあるため、騎乗している馬を自分の槍で傷つけてしまう危険性もあり、騎馬での使用が難しいとされる武具です。十文字槍は、槍の扱いに熟練した武将のみが使える武器でした。

スポンサーリンク

→真田信繁伝説!名を広く世に知らしめた大坂夏の陣

大阪夏の陣で十文字槍を使ったのか?

信繁が最も輝いた大阪夏の陣。決死の覚悟で徳川家康の本陣に攻め入った時、信繁は十文字槍を持って行ったのでしょうか?講談などでは、信繁は、大阪夏の陣で徳川家康の本陣を急襲した際に、家康めがけて妖刀「村正」を投げつけたと伝えられています。村正は、徳川に仇なす妖刀とされているためかもしれません。信繁の刀は正宗、脇差しは貞宗とされています。

十文字槍の使用については、語られておらず、大阪夏の陣で徳川家康の本陣に迫った際には、薙刀を使っていたと言われています。信繁の首を取ったとされる越前松平氏の家臣・西尾家には、信繁が討ち取られた際に所持していたとされる薙刀が伝わっています。

→真田信繁と伊達政宗!2人はどのような関わりを持っていたのか?

 - 登場人物


スポンサーリンク



《注目記事》U-NEXTで真田丸全話見逃し配信!無料で動画を視聴するのはコチラ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事