大河ドラマネタバレ考案速報

大河ドラマのネタバレ感想サイト!

*

真田信繁と伊達政宗!2人はどのような関わりを持っていたのか?


《注目記事》U-NEXTで真田丸が無料で見逃し配信中!

   

スポンサーリンク

戦国武将の中で人気が高い人物というと、真田幸村と伊達政宗は、5本の指に入るのではないでしょうか?ゲームでは競演することが多い真田幸村と伊達政宗。実際にはどうだったのでしょうか?

datemasamune

戦ったのは道明寺の戦いのみ

ゲームや小説で広く使われている真田幸村という名前。真田昌幸の次男として生まれた男児は、歴史上は真田信繁という名前を名乗っています。生前、信繁が出した書状に、「幸村」という名前が使われたことはありません。「幸村」という名前が使われるようになるのは、信繁の没後60年近く経った寛文12年(1672年)に成立した『難波戦記』という軍記物語が最初です。

没後に軍記物語で「幸村」として広くその活躍が流布された信繁。生年は、永禄10年(1567年)とされています。伊達政宗と真田信繁が共通するのは、生まれた年。2人とも、永禄10年生まれとされています。

長い人生で、2人がまみえたのは、信繁の最後の戦いとなった大坂の陣だけです。ただし、2人の武将が、戦場で直接顔を合わせたことはないとされています。信繁の軍勢と伊達政宗の軍とが戦ったのは、道明寺の戦いです。信繁の率いる軍勢と伊達政宗の重臣である片倉小十郎重長の率いる鉄砲隊は、激戦を繰り広げました。

スポンサーリンク

→真田信繁の父・昌幸とはどのような人物だったのか?最後は?

片岡小十郎重長に愛娘を託した信繁

道明寺の戦いで死闘を繰り広げた信繁軍と片岡小十郎重長率いる鉄砲隊。この戦いで勇名を馳せた片岡小十郎重長は、衆目美麗で知られる武将でした。戦場においては、勇猛果敢。そのため、男色家として知られる小早川秀秋が片岡小十郎重長に夢中になったとの逸話も残っています。

愛娘、三女の阿梅を、信繁は、決死の突撃の前夜、片岡小十郎重長に託したとされています。豊臣方の重臣、後藤又兵衛が亡くなった後、大坂方は、進撃してくる伊達政宗の兵を食い止めながらいったん大阪城に引き上げます。この時、殿を務めたのが、信繁です。殿を務めたことで、伊達政宗方の動きを十分に把握したのでしょう。

大阪城に引き上げた夜、信繁は、重長に書状を認め、自分の娘を保護してほしいと訴えました。重長は、この申し出をいれ、信繁の三女、阿梅を自分の陣中に匿ったとされています。

この時、阿梅は12歳。少女から大人へと移り変わる頃でした。容姿端麗な少女だったと言われています。重長に保護された阿梅。重長の正室は、阿梅を妹のように可愛がり、「自分が命を落とした後は、阿梅を継室に」と言い残していたとされています。重長の正室が亡くなると、阿梅は、継室として迎えられています。

阿梅については、他にも説があります。武名高き真田信繁の娘を求めていた片倉小十郎重長が、大阪城落城の際に獲得したという説もあります。大阪城落城の際に、城中から白綾の鉢巻に白柄の長刀を杖にした阿梅が現れ、片倉小十郎重長の陣の前へ出てきて、重長に捕まったとする説もあります。

→真田信繁は兄の信幸や姉の村松殿との仲はどうだったのか

 - 登場人物


スポンサーリンク



《注目記事》U-NEXTで真田丸全話見逃し配信!無料で動画を視聴するのはコチラ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事