大河ドラマネタバレ考案速報

大河ドラマのネタバレ感想サイト!

*

真田信繁と幸村の違いは×××だった!なぜ幸村なのか?


《注目記事》U-NEXTで真田丸が無料で見逃し配信中!

   

スポンサーリンク

大河ドラマの第4回「挑戦」で次男を連れて諏訪の法華寺に赴いた昌幸は、敷地内を探索して徳川家康と話している息子の姿を見、家康に「次男の源次郎信繁でございます」と紹介します。今作で、初めて「信繁」という名前が使われたシーンでした。

視聴者の中には、「幸村じゃないの?」と感じた人も、稀ではないかもしれません。流布しているのは、「幸村」。違いは何でしょうか?

sanadayukimura

生前に書かれた書状には「幸村」の署名は無い

真田昌幸の次男として生まれた男児が、元服してから名乗った名前は、「信繁」です。生前に認めた書状には、信繁の署名がなされ、幸村と書かれたものは存在していません。

「幸村」という名が、歴史上、書かれたものに現れたのは、『難波戦記』が最初です。『難波戦記』は、寛文12年(1672年)に成立しました。大阪夏の陣以後、60年近く経ってから記された書物です。著者は、万年頼方と二階堂行憲。

以降、真田昌幸の次男として生まれた男児は、「真田幸村」として広まっていきます。江戸幕府編纂の系図資料集である『寛政重修諸家譜』、信繁の兄の子孫が代々藩主を務めた松代藩の正史などにおいても、「幸村」が採用されています。

ただし、大阪夏の陣から200年近く後、文化6年(1809年)、徳川幕府の大目付から問い合わせを受けた松代の真田家は、「当家では『信繁』と把握している。『幸村』という名は、大阪城に入った後に名乗ったものであろう」との回答をしています。

スポンサーリンク

→真田信繁の子孫の現在は?著名人にも末裔がいるって本当?

「幸」は真田家の本家の通字だが

信繁の死後、60年ほどの間に使われだした「幸村」の名。「幸」は、真田家の本家に当たる海野家の通字です。「幸村」の「村」については、諸説あります。有名な2つの説をご紹介すると、姉の村松殿の名に由来するという説と、信繁の子孫が仕えた伊達家の当主である伊達綱村に由来するという説があります。片や姉、片や主君。強いつながりを持つ人の名に由来するとされています。

信繁が、最も輝いたのは、九度山を脱出して大阪城に入ってからです。九度山を脱出したのが慶長19年(1614年)。その翌年、討死しています。その一瞬の輝きが、長く人々に語り伝えられたことになります。

大阪城に入った信繁が見たのは、意見がまとまらない豊臣方の姿でした。虚しく時間が過ぎる中、信繁は機略で徳川家康を追い詰めていきます。その才知、勇敢な戦いぶりなどを、後世の人たちが哀悼の意をもって語る中で、想像の翼を得たのが、「幸村」という名で表される武将になったのかもしれません。

信繁が生前署名に使ったことがない「幸村」という名は、短すぎる輝きを惜しんだ人々からの諡だったとも言えるでしょう。

→信繁をめぐる2人の女性!きりと梅の今後は×××!

 - 登場人物


スポンサーリンク



《注目記事》U-NEXTで真田丸全話見逃し配信!無料で動画を視聴するのはコチラ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事