大河ドラマネタバレ考案速報

大河ドラマのネタバレ感想サイト!

*

真田信繁の子孫の現在は?著名人にも末裔がいるって本当?


《注目記事》U-NEXTで真田丸が無料で見逃し配信中!

   

スポンサーリンク

信繁は、大河ドラマで登場している高梨内記の娘を含めて側室を4人持ち、四男八女に恵まれたとされます。その子供たちによって、真田家は現在も受け継がれています。信繁の直系の子孫は、現在、どのように暮らしているのでしょうか?また、著名人にも末裔はいるのでしょうか?

sanadamaru

今に続く仙台真田家

信繁がもうけた男児は4人。長男の真田幸昌、次男の真田守信、三男の三好幸信、四男の真田之親です。幸昌と守信は、正室との間にできた子、幸信は側室との間にできた子です。之親は現在まで母親が誰かということが分かっておらず、通説では、九度山での蟄居生活中に信繁が百姓の娘に生ませた子ではないかとされています。

長男の幸昌は、大阪夏の陣に父と共に出陣し、大阪城が落城した際には城内にいて、主君の豊臣秀頼の後を追って切腹したとされています。

次男の守信は、大阪夏の陣の時、3歳。そのため、伊達家の家臣であった片倉重長によって助けられます。長じてからは、片倉家の家臣として仕え、300石を与えられ、仙台藩士として生涯を全うします。

三男の幸信は、父の信繁が討ち取られた後に生まれ、出羽亀田藩に召し抱えられ、380石を与えられました。生涯、真田姓を名乗ることはありませんでした。
四男の之親の子孫は、明治になってから、姓を真田に戻したとの記録が残っています。

信繁がもうけた4人の男児のうち、現在、信繁の直系と見られているのは、次男の守信の子孫です。守信の子孫が、仙台真田家を名乗っています。

スポンサーリンク

→信繁をめぐる2人の女性!きりと梅の今後は×××!

当主は14代目の徹氏

信繁の直系の子孫として、現在、仙台真田家を守っているのが、真田徹氏です。信繁から数えて14代目の当主です。福島大学を卒業後、大手建設会社に勤務。2013年定年退社。現在は、上田市観光大使を務める傍ら、講演や歴史雑誌などで「真田幸村の真実の姿」を伝える活動に取り組んでおいでです。

著名人の中で、「真田幸村の末裔」として知られているのは、真田裕貴氏。2001年に読売ジャイアンツから指名を受けて入団し、翌年、高校卒業後1年目にして6勝以上の好成績を挙げました。2008年、横浜ベイスターズへ移籍。2012年に巨人に復帰。現在は、福井ミラクルエレファンツにコーチ兼任で在籍しています。

真田裕貴氏は、巨人入団時にプロフィールとして「真田幸村の末裔」と記し、話題になりました。ネットでは、明治になってから真田姓に戻した之親の流れを汲んでいるのではないかと言われています。

ちなみに、真田姓が復活したのは、信繁の死後97年後に当たる1712年のことです。徳川家康を苦しめた男、信繁の流れを汲むことを公表することは、長らく差し控えられたのでした。

→真田丸のヒロインが正室ではなくて側室のきりである3つの理由

 - 子孫


スポンサーリンク



《注目記事》U-NEXTで真田丸全話見逃し配信!無料で動画を視聴するのはコチラ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事